本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ
               (31)


@冷房病を防ぐ方法を横浜のエアコン工取り付け業者は知っています

5月に入り、陽射しもだんだん強くなってきました。日によっては半袖でも大丈夫な時がありますよね。室内では窓越しの陽射しで、どんどん気温が上がっていきます。そろそろエアコンの冷房機能が活躍しそうです。

冷房機能を使うようになると、ご家族の間でも、エアコンの設定温度をいくつにするかでケンカがはじまる方もいます。とくに寝る時などは、身体が火照るご主人はエアコンの設定温度を下げてしまいがち。でも奥様は、それでは寒くて毛布を掛けなければ眠れないくらいに! けれど、どちらにとっても、快眠のためには譲れないですよね。

家族なら言い合えますが、オフィスではなかなか言い出せず、カーディガンをはおったり、厚い靴下をはいたり、苦労している方も多いことでしょう。

冷房病になってしまう原因は、服装や食事、運動など、毎日の生活習慣にも起因します。でもやはりエアコンの使い方に問題がありますね。「ちょっと肌寒いな」と思うような状態に長時間いることによって、ストレスがたまり、自律神経がダメージを受け、体温調節が上手にできなくなってしまうのです。

冷房時は設定温度を25〜28℃にすると良いとされています。しかし、体感温度は人それぞれ。「寒い」と感じない温度がベストでしょう。 外気温との差が激しいとストレスを感じます。出入りすることが多いときは、設定温度を「外気温に対して、マイナス3〜4℃」がいいですね。 エアコンの風が直接当たる場所に長くいると、体温を奪われてしまいます。風向きをコントロールして、あたらないように工夫しましょう。

エアコンの上位モデルには人工知能がついていて、かなりこと細やかに、快適な室温にしてくれます。しかし、外気温が30度に満たない今は、除湿機能でも十分快適な温度になりますよ。冷房病の防ぎ方なども横浜のエアコン取り付け業者は熟知しています。ご相談くださいね。




A今年も真夏日を観測!川崎でのエアコンの取り付けお任せ下さい

今年のGWは、全般的にお天気が良く過ごしやすかったですが、暑く感じる日もありましたね。群馬県館林市では5月4日に真夏日(気温30℃以上)となったそうです。ちなみに昨年は、同じく館林市で4月27日に真夏日が観測されたそう。

夏本番はまだまだですが、突然、夏の暑さがやってくる日もあります。
川アでも市街地はヒートアイランド現象で、天気予報で発表される気温よりも高い気温の場合も多いです。この夏、エアコンの取り付けを検討しているのなら、少し早めかもしれませんが、今の時期に購入することも検討してみませんか?

今ならば、まだ工事件数が多くなく工事の順番をお待ちいただくこともありません。

お子様の成長に伴って、こども部屋を作ったけれどエアコンはまだつけていない、と言う方。
今までは、暑い日は寝室の窓を開けて寝ていたけれど、最近は物騒だしきちんと戸締りして眠るために、寝室にエアコンを取り付けようか…とお考えの方。最近多い、お年寄りの熱中症。心配だから、おじいちゃん・おばあちゃんの部屋に今年はエアコンを付けたいとお思いの方。

夏のボーナス商戦が始まると、エアコンも多少お買い得価格にはなりますが、購入者が多いので、工事も混み合います。なかなか、工事の空いている日とご自身の予定が合わずに取り付け工事が先延ばしに…なんてことも、よくあります。せっかくエアコンを購入したのに、工事を待っている間に、急な暑さがやってきて暑い部屋で扇風機やうちわでなんとか暑さをしのぐ…なんて事になってしまっては、もったいないですよね。

とくにお仕事などで平日の日中には工事に立ち会うのは難しいと言う方。
どうしても土日祝日の工事はご希望が多く込み合います。
暑さ本番がやってくるのは先ですが、早めのこの時期に購入・買い替えを検討してみてください。

川アでのエアコンの取り付け・付け替えなどの工事は、ぜひ当社へご用命ください。



Bキレイな仕上がり、東京でお得なエアコン工事をご希望なら

たとえば、札幌へ行くとしましょう。
電車で行こうか、飛行機で行こうか、車でいこうか、歩いて?はちょっと無理そうですが、いろいろな方法がありますよね。しかも、電車と言っても、JRor私鉄、新幹線or特急or急行・・・。早く行くことを選ぶか、そこへ行くまでの行程を楽しむか、一番安い生き方を優先するのかによっても、様々な選び方があるようです。

エアコンの取り付けも実は同じことがいえます。
新規のエアコンなら、まずは機種選びからでしょうか。必要とする機能やお値段との兼ね合いで選ぶのが一般的かもしれませんね。でも、よくある話ですが、実際に家に持ち込んで取り付けようとしたときに、設置したかった場所には取り付けることができなかった。そのため、再び家電店へ出向いて、他の機種を選ばなくてはいけなくなったというトラブルです。

もし、そんな時に、知識を持っているエアコンの工事業者でしたら、お客さんに、どのメーカーのどれなら取り付け可能かを教えてくれるはず。でも、本当は、最初にわかっていたら良かったことですよね。

そして、もっと深刻なトラブルもあります。ともすると忘れがちなのが室外機の設置場所です。ベランダがあるから大丈夫、と思っても、実は吹き出し口から吹き出す風が、うまく外へ逃げられないような狭い幅のベランダには置けません。また、ベランダもなく、隣との壁と壁の隙間がわずかしかない場合、屋根や屋上に設置するとなると、これはもう技術者の腕の見せ所ですよね。

エアコンの取り付けは、機種選びも、取り付け場所やその方法、そして仕上がりも、技術者によってかなり違いがでてきます。
キレイな仕上がり、お得で納得のいくエアコン取り付けをご希望なら、技術力の高い専門店へご依頼ください!




C横浜の本格的な暑さを迎える前にエアコン工事を済ませましょう

5月に入り、過ごしやすい季節になりました。
この時期は、エアコンもひと休みしている所が多いのではないでしょうか?

本格的な暑さをこれから迎えるにあたって、新しくエアコンの購入・買い替えを検討し始める時期でもありますね。
梅雨のムシムシ・ジメジメした時期や本格的な暑さの直前に駆け込みで購入・買い替えされる方が、毎年多い傾向があります。
そうなると、もちろん取り付け工事・取り外し&取り付け工事のご依頼も多く、購入してから工事をするまでに日数がかかってしまう…という状況が、起こっています。

近年は、地域によっては5月中から最高気温30度!なんてこともあります。気温は高くなくても、高層ビルや高層マンションで窓が開かないけれど、日当たりは良好、というお部屋は外気温よりも室内温度がかなり高くなってしまいます。そんな時に、エアコンが無かったり、調子が悪い、故障!なんて事になってしまうと大変です。場合によっては、熱中症の危険も出てきます。

今年はエアコンを取り付けたいとお考えの方、そろそろ買い替えようとお考えの方は、工事が混んでくる前であるこの時期に購入・買い替えをされるのはいかがですか?

エアコンの購入や買い替えはしないけれど、エアコンのにおいや汚れが気になる方。この時期におすすめなのが、エアコンのクリーニングです。

寒い冬の間活躍し、やっと終わりを迎えた花粉の季節の間には、窓を締めっぱなしにして、エアコンで温度調節。そんなこんなで、エアコンが大活躍だった事業所・お宅が多かったのでは?

特に、エアコンから出る空気のにおいが気になるのであれば、ぜひクリーニングをご検討ください。
特に、カビ臭いにおいがするエアコンにおすすめします。

横浜で、エアコンの取り付け工事・付け替え工事をご検討の方、当社にご用命ください。エアコンクリーニングも承っております。



  お客様との頁 TOP

   

株式会社マツミコーポレーション 
(エアコンのファミリー)

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町328-3
TEL.045-548-5200
FAX.045-345-4016
0120-502-632

info@aircon-family.jp