本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ
                (33)

@エアコン取り付けだけじゃない!川崎のエアコン一筋、ご相談ください

6月に入って、神奈川県でも梅雨明けになりましたね。
このムシムシする感じ
暑くなり家の中はジメジメと不快感が一杯。

特に、川崎市は海側の地域でこの傾向が強いみたいです。
「海が近くていいよねー」なんて言ってもらえるのは、この季節が終わらないと無理!なぐらいのジメジメ感です。
いっそ、川崎市でも内陸の方へ移り住みたい!なんて思うのもこの時期。

けれど、現代に生きている私たちには強い味方がいますよね。
夏場でもでもサラッと過ごせる「エアコン」がついています!

エアコンのことをクーラーなんて呼んでいたのはひと昔前。
もうエアコンは涼しくするためだけのものではない、と誰もが知っています。
1年中お世話になるエアコンは本当に優れものです。

梅雨明けの今には「除湿」だけじゃなくて、「快適エコ」など各社冷えすぎないけれどサラッと過ごせる機能がたくさん。
実際これが使いこなせれば、不快な梅雨明けのこの時期もなんなく過ごせます。
特に、女性は湿気でのヘアメイクの崩れなどもありますからね。
便利な機能を考えてくれた方たちに感謝です。

けれど、困ったこともあるようです。
引っ越した先には、前の入居者の方がつけてそのままおいてくれているエアコンとリモコンが…。
これいつのエアコンよ!ぜんぜん効かないじゃない!とか、
説明書もなくて、機能が多すぎて使い方がわからないじゃない!とか、
自分が納得して取り付けたエアコンじゃないとトラブルに発展することも。

そんな時は、川アでエアコン工事専門の私たちにお任せください!
クリーニングもバッチリ!
古いエアコンを取り外して、高価買取のご相談も。
新しいエアコンを失敗なく取り付けします。

暑いこの時期に、エアコンことで悩むなんてやめましょう。
エアコンのことなら何でもご相談ください!




Aオリンピックに向けて東京のエアコン工事を支えていきます!

2020年の東京オリンピックに向けて、日本の首都東京はさらに整備開発が進んでいくことでしょう。
整備開発が進むということは…やはり古いものは新しいものになっていく、ということですよね。

確かに…50年以上前の東京オリンピックでできたもの、たくさんあります。
それはそれでステキなものばかりです。
けれど、現代にマッチしているか…というと、それは難しいところ。

そして、オリンピックの前は、とにかく「新しい」家電も売れるものです。
テレビやレコーダーなんて、こういうきっかけで買い替える方も多いのでは?
会場まで足を運べなくても、よりリアルに競技を見たい!というのが人情ですよね。

国立競技場だって、ゴタゴタはありましたら建築がスタートしています。
建築物にせよ、家電にせよ、新しくなるのは嬉しい気分になる反面、大変なこともたくさんでてきます。

ビルがひとつ新しくなるだけでたくさんの「廃棄物」がでます。
それって結局再利用できずにゴミになってしまう。
テレビやレコーダーは、まだ使えるものでも資源ゴミとして引き取られていきます。

東京オリンピックは日本の真夏に開催されますから、次に需要があるのは「エアコン」ですよね。
新しいビル・オフィス・自宅には新しいエアコンを取り付けたい!と思うのは当然です。
今までのエアコンは取り付けと共にゴミになってしまうのでしょうか。

エアコン工事専門で24年やってきた当社です。
廃棄物でも資源ゴミでもなく、ちゃんと使えるエアコンは使いたい!

エアコンは中古でもきちんとクリーニングできていれば、まだまだ元気に働いてくれます。
そんな想いから、中古エアコンの買取を強化しております。

取り付け・クリーニング・取り外し、1台からでもお任せください!
新しくなる東京を、エアコン工事から支えていきたいと思っています。




B買う?売る?横浜のエアコン工事専門店にご相談を!


「気温が体温よりも高くなるなんて考えられない!」
「昔はもっと涼しかったと思う」
「温暖化がすすんだら、息をするのも苦しそう」
皆さんがおっしゃるように、年々夏の暑さは厳しくなってきています。扇風機だけで乗り切る人もいると聞きますが、エアコンが無くては夜も寝苦しくなってしまいますよね。

さぁ、いよいよエアコンの本領発揮の季節です。本格駆動のその前に、悩ましい問題を抱えているご家庭もあるのではないでしょうか?

「そろそろ新しい機種に変えた方がいいかも」
「古い機種だと電気代もけっこう気になるからね」
そんな皆さんのお気持ちを察したように、エアコンの値段も徐々に下がっていきます。

最近の家電はめったに壊れませんし、特に日本製品は高性能。とはいうものの、エコが進む時代ですから、電気代などの節約を考える人も多いことでしょう。

エアコンの買い替えの時期は? だいた10年くらいが目安でしょうか。しかし、以下のような症状がある時はちょっと注目。

・エアコンから異音が聞こえる。
・操作しても反応が悪い。
・スイッチを入れると異臭がする。
・室内機から水が垂れてくる。
・冷房、暖房の危機が悪い。
これでは使い勝手が悪いですよね。

もちろん、これらの中には、エアコンのクリーニングや簡単な修理で、改善する場合もあります。しかし、何度も不具合をくり返すなど、年数のたっているエアコンの場合は、買った方が得か、直した方が得がちょうど考え時かもしれません。

エアコンの買い替えでお悩みの時も、横浜のエアコン工事専門店にご相談ください! エアコンの工事はもちろん、お得な買い替え方法も熟知していますから。只今エアコン買取強化中なので、古いエアコンでお小遣い稼ぎができるかもしれませんよ。



Cエアコンの取り付け時、古いエアコン捨てていませんか?

新しいエアコンが取り付けられるのは、楽しみなことですよね。スイッチひとつで、これまでとは格段に異なる心地よい冷風が身体にあたると、もうそのままそこで横になりたい気分でしょう。

それまで使っていた古いエアコンは、取り外しが終わった後、みなさん、どうされていますか? 「もういらないものだから、捨ててしまっていい」と思っているかた、それってかなりモッタイナイ事ですよ。なぜなら、エアコンって買取の金額が付きやすい商品なのですから。

よく、室外機だけが盗まれた!という話がニュースで流れます。室外機だけじゃ、エアコンの役目は果たせませんよね。なのに、どうして片方だけ持って行くのかと言えば、やはり、それなりのお金になるからでしょう。

ですから、室外機と室内機が揃っていれば、もっと使い道はあります。まだ動くけど、新しい機種が欲しくて買い替えをしたと言う方、そして、業務用エアコンや大型のエアコンなども、買い替えや取り外す時は、ぜひ横浜のエアコン取り付け会社にお声掛けください。取り付けはもちろん、エアコンの取り外しも丁寧に行っています。

ただ捨てるとなりますと、運搬費や廃棄料金がかかりますよね。しかし、エアコンの買取が可能ならば、逆に懐にお金が入ってくる可能性が大きいですよ。まずは、買取査定をご依頼ください。

街中を、「いらなくなった家電の引き取りをします」と言いながらトラックで回っている業者もいますよね。でも注意して下さい! 査定代金をとられたり、結局は廃棄代金をとられたりして、山などに不法投棄される場合だってありますから。その点当社は買取査定無料です。横浜に店舗を構えて営業しているので、誠心誠意尽くし、皆さまに喜んでいただける商いをしています。




お客様との頁 TOP



株式会社マツミコーポレーション 
(エアコンのファミリー)

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町328-3
TEL.045-548-5200
FAX.045-345-4016
0120-502-632

info@aircon-family.jp