本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ
                 (44)


@エアコンが不可欠な川崎の猛暑に備えましょう


先日、気象庁から6月から9月までの3か月予報が発表されました。今年の夏は、どうも猛暑となるようです。

猛暑となると、欠かせないのがエアコンです。
エアコンを持たないご家庭もありますが、猛暑と言われる気温となると冷房なしの生活は、熱中症のリスクが高まり、本当に危険です。真夏の暑さが厳しい時期は、冷房を持たない低所得者も利用できるように公共施設のロビーなどを開放するというニュースを耳にしたこともあります。

ここ川崎では、高層マンションや防犯の関係など、エアコンが必須の環境が多いです。さらに、ヒートアイランド現象という追い打ちもあります。

すでに暑い日もありますが、暑さが本格的に厳しくなる前にエアコンの購入、買い替えは済ませませてしまいましょう。分かってはいても、いざ暑さが続くようになってから慌ててエアコンを購入する方がどうしても多いのです。そうなると、エアコン工事の件数も増え、購入したのは良いけれど、取り付けまでに日にちを要して、暑いのを我慢する日々が続く、ということになりかねません。量販店経由で工事依頼が混み合っている時は、ぜひ、エアコン工事専門店で取り付け・付け替え工事をすることをご検討ください。
私たちエアコンのファミリーでは、エアコンの買い替えの場合、古いエアコンの下取りもいたします。
また、なるべく安くエアコンを手に入れたいというお客様へは、中古品の販売も行っております。ぜひお問い合わせください。

そして、新規購入・買い替えのご予定がない方。今のうちにエアコンの試運転をしておきましょう。毎年、いざエアコンを使おうとしたら、動かない、部屋が冷えないなどで慌てている方をお見受けします。当社ではエアコンのクリーニングも承っていますので、使い始める前にキレイにしておきたい、と言う場合は是非ご依頼ください。

暑さ本番に向けて、エアコンの用意をしっかりしてくださいね。


A東京のジメジメ対策はエアコン取付で変わる!

しょうがないと思いつつ、6月がやってきました。カラっとした5月がすぐに懐かしくなるぐらい、東京の6月はジメジメした陽気が続きますね。日本は四季があるので、こういう季節もある…と思いつつも、やはり北関東や東北とは驚くほど違うようです。吹いてくる風の違いかもしれませんし、ビルや住居が密集していないからかもしれません。それでも、毎日東京で頑張って暮らしているからこそ、ジメジメ対策とは上手に付き合いたいものです。

ジメジメ対策をするなら今!です。さらに、節電しながらも上手な除湿環境をつくるならばエアコンが最適です。けれど、エアコンの取り付け環境がよくないと、そもそもの機能が発揮できないと言われているのはご存知でしょうか。東京にお住まいの方、ご自分のお住まいやオフィスが、エアコン本来の効率を妨げていないかチェックしてみる必要があります。

室内機と室外機は、あまり距離がない方がいい
室外機が作り出したものを室内機で室内へ送り出します。この両者があまり離れていると、それをつなぐ配管も当然長くなりますよね。送り出す距離が長ければ長いほど、本来の機能は減少していると考えてください。

室内機の周りは広々空間がいい
室内機は周囲の空気を取り込みながら、室外機で冷やしたり温めたりしています。空気を取り込むスペースがないと、その分送り出されてくる風の量も変わってくるのです。天井やカーテン、テレビ台などがエアコンに接近しすぎていないか考える必要があります。

住宅やオフィスは、入居した時のまま…ということはないでしょう。ちょっとした模様替えで、エアコンの機能が失われているとしたら…それはもったいないことです。エアコンの調子が悪くなければそのまま過ごしがちになります。

まずは、エアコンが本来の機能を発揮できているか、エアコンのプロに確認してみませんか。エアコン本体がよくないのか、エアコンの取り付け状況がよくないのか、汚れているだけなのか、徹底的に調べる事ができます。東京でエアコン取付ならば、当社へぜひお任せください。


B横浜にはエアコンの味方がいます

エアコンや水回りのクリーニングを請け負うチラシが、ポストや新聞折り込みでも入ることが増えてくる季節です。どこがいいのだろう…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。確かに、暑すぎず湿気が増えてくる直前のこの時期は、エアコンと水回りをキレイにする絶好のチャンスです。

毎日使うものだから、当然汚れていますよね。特に、エアコンは冬を乗り越え、またすぐに除湿や冷房で酷使するのですから、快適に使用するために何とかしたいと考える人は多いはずです。おまけに、エアコン内部までは自宅で掃除を完了するのはとても難しい家電です。

だから、どうにかしたいのだけれども…エアコンクリーニングはどこまで必要?チラシを見る限りでは、内部の清掃はもちろん、室外機も、コーティングも…どんどん費用が増えていきます。家には何台エアコンがあったかしら…と考えると、必要だけれども費用がかさみ過ぎます。今は決められないから、また今度にしよう、とやめてしまうとチャンスを逃してしまいます。

もしかしたら、そういう堂々巡りでなかなかエアコンをキレイにできない人もいるのではないでしょうか。エアコンをキレイにすることは、電気代だけでなく、ご家族の体調管理にもとても有効です。そして、頑張ってきたエアコンにも寿命はあるのです。そのまま使い続けることが、本当にいいことかどうか判断をする必要もあります。

横浜でエアコン周り一筋の当社では、エアコンについて不安に思っていることをきちんと検査することができます。ご自宅にある1台1台の買い替えを判断する状態かどうか、クリーニングはどこまでするべきか、必要であれば配管などのエアコン工事、格安エアコンの取り付け…ご相談させていただきます。

1部屋に1台必需品のエアコンの、横浜のみなさんの、今後も味方でありたいと思います。