本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ

              (46)


@東京にも台風来襲!エアコンの取付位置は大丈夫ですか?
オゾン層が破壊されて、温暖化が進む地球。日本各地でも、災害による甚大な被害が起きています。日本は地震大国と言われていますが、これからの時期は台風の来襲にも備えなければいけません。

精密機器ともいえるエアコンも、台風の被害に合いやすいことをみなさんご存知でしょうか? エアコン機器は室内だけではなく、室外機とペアになっていますよね。雨風にさらされる室外機は、台風など災害の影響を受けやすいのです。

もちろん、ある程度の雨風には十分耐えうるようなつくりにはなっています。しっかり固定もされているはずなのですが、エアコンの設置場所は適切な場所になっていますでしょうか? 設置場所がなく、屋根の上や壁などに安易に設置されている室外機ですと、強風の影響を直に受けますので要注意です。

また、しっかり止めてあったとしても、強風によって室外機のファンが破損したり、無理な負荷が掛けられたりして障害がおこることが多々あります。そして、台風の怖さは強風だけではありません。雨もまたしかり。大雨が降った時に備えて、室外機が水没の危険にさらされないように設置されていますでしょうか? 

エアコンは電子機器です。基盤などが雨水に浸かってしまうとたいへんなことに。また、水害時は雨水だけではなく、そこに砂ぼこりや土などが混ざっていますよね。万が一の悪天候時に被害を受ける事のないように、「強風の影響を受けない」、「物が飛んでこない」、「水没しない」場所への設置が必要です。

エアコンの知識を持っている誠実な業者ならば、室外機の取り付け位置や方法にもしっかり気を配ります。気温の高い夏にエアコンが故障しては命取り。熱中症などの危険にさらされることのないように、東京にお住いの方、万全なエアコンの取り付けで被害を未然に防ぎましょう!


Aエアコンの不調を感じたら、早めに横浜のエアコン工事専門業者へ

今年も暑い夏がやってきました。
ここ横浜でも、子ども達の夏休み前から、連日30度越え&熱帯夜となっています。
天気予報などでも毎日のように、熱中症への注意が呼びかけられていますね。熱中症は屋外の炎天下でなりやすいと考えられがちですが、実は室内での発生率がかなり高いそうです。統計によっては、居住空間での熱中症の発生が一番多いというものもあります。
そんな暑い夏に重要となってくるのがエアコンです。
日中、強い日差しで熱される室内は、時として熱がこもったままとなり、屋外よりも暑くなっている事も。余りにも気温が高いと扇風機だけでは、熱中症予防効果に足りない事も出てきます。

エアコンにずっと当たっていると体の調子が悪くなるから、家に設置はしてあるけれどめったに使わないという方もいらっしゃいますよね。そのような方は、この夏はまだエアコンを使っていない、ということもあるでしょう。この夏、まだエアコンを使っていない方、エアコンの試運転は終わっていますか?
普段はエアコンを使わない派の方って、いわゆる猛暑日並みに暑い、命に係わりそうな暑さの時にだけエアコンを使うのでは? いざ、エアコンが必要という時にエアコンが故障していたら大変です。リモコンの電池切れならば、電池を買ってきて交換すれば済みますが、本体が故障してしまっていたら…? さらにはそれが夜だったら? 昼間ならば、耐えられない暑さの間、公共機関や商業施設などの空調の効いたところへ暑さから非難する事も出来ますが、夜中はそうもいきません。しっかり睡眠をとって身体を休めるべき時間が、苦痛の時間へと変わってしまうことでしょう。 寝ている間に脱水症状となって熱中症となる例もたくさんあります。

夏の間に、たまにしかエアコンは使わない場合もシーズン前はもちろん、シーズン中も時々ちゃんとエアコンが稼働するか、故障していないかをチェックしましょう。
もしも、冷えた空気が出てこない、異音がする、まったく動かないなどの場合は、早めにエアコン工事の専門業者に診てもらって修理しておきましょう。いざという時に安心してエアコンを使いたいですよね。

もしも、故障したエアコンが古いタイプならば、省エネの為にも買い替えを考えるもよさそうです。

横浜でエアコン工事を依頼するのならば、ぜひエアコンのファミリーをご利用ください。ご連絡お待ちしています。



B川崎のみなさん、エアコンの室外機が熱くなっていませんか?

太陽のパワーが一番力強く感じられる夏です。

川崎にお住いの皆さん、エアコンの室外機はどんな場所に設置していますか?
1日中、直射日光のあたる場所に室外機が設置されている場合、太陽に温められることで、エアコンの冷却能力が落ちてしまっていることが考えられます。冷却能力が落ちていると言う事は、消費電力も多くなってしまうということ。もしも、クーラーの効きがイマイチよくないと感じている様ならば、室外機に直射日光が当たっていないのかを確認してみましょう。

室外機が1日中直射日光に当たる場所に設置されている場合、可能ならば設置場所を変えた方がいいかもしれません。なぜなら、室外機は室内機が部屋で吸い込んだ空気から取り出した熱を室外へ捨てる働きをしているからです。室外機に直射日光が当たっていたり、地面に反射した日差しの当たる場所だと室外機の周りの温度が高くなり、熱を捨てられなくなってしまうのです。

しかし、室外機の設置場所を変える事は簡単なことではありません。理想的な設置場所がない場合も多くあります。
そんな場合の解決策は、「日陰を作る」こと。
理想的な日陰の作り方は、室外機から1mほど離れた所に落葉樹を植える事。実は、冬場に利用する暖房の時は冷房と逆の事が起こるので、暖房を利用する時には室外機が冷えていない方がいいのです。そこで、夏は葉が茂って日陰を作り、冬は葉を落として日が当たる落葉樹がいいのです。
落葉樹は難しいご家庭も多いかと思うので、その場合はすだれなどを活用して室外機に日陰を作ってあげましょう。ただし、室外機が熱を捨てる邪魔にならないように、前面1m以内をすだれや板などで囲わないように気を付けましょう。室外機の吹き出し口前に物を置いて、風の通りを悪くしてしまうと、吹き出した熱が室外機に吸いもどされてしまうことになります。そうなると、やはり冷却能力が落ちてしまうのです。

日陰を作る事も難しい場合は、日除けカバー。場所に余裕がない場合も設置できますね。ただし、先に述べたような理由から、室外機を囲うタイプの室外機カバーは避けましょう。室外機の上に屋根のように乗せる、パネルタイプを選んでください。
パネルタイプを利用する場合も、向きなどを考える必要があります。

エアコンの室外機の設置場所や、直射日光対策に悩んだ時は、ぜひエアコンの専門業者を頼ってください。当社でもご相談お待ちしております。


Cエアコンを取付ける前に!川崎では買取査定もしています

朝1番でも灼熱のような暑さがやってきました。暑さを耐えると今度は熱中症になる…広く周知されているこの頃。午前中の早い段階でエアコンを入れる方も多いのではないでしょうか。電気代も気にしなくてはいけませんし、小まめに掃除をしなくては効率が悪くなりますし、エアコン本体にはかなりの出費となります。具合が悪くなって、救急車で運ばれていくよりはマシか…とも考えますが、それでも目の前でお金がなくなっていく感覚は止めようがありません。

エアコンの賢い使用法!(節電効果バージョン)
・とにかく自動運転!
・お掃除機能搭載でも小まめなフィルター掃除!
・外出時でも設定温度高めでエアコンつけっぱなし!
・室外機は日陰で風通しの良い所へ!

最近のエアコンさんは賢いですよね。きちんと判断して温度を管理したり掃除したりしてくれます。けれど…なんでしょう、この「無駄遣い」感は。理屈は理解して、実際その通りしていれば成果も得られているのは実感しています。でも…でも…、そんな方はいらっしゃいませんか?

節電効果があったとしても、その方がよいと思っていても、電気や電気代を「使っている」ことにはかわりはないのです。だからこそ、年ごとにさらなるエコと節電効果が期待できるエアコンが発売されているのでしょう。

無駄遣い感の軽減やエコのためにも!中古エアコンの適正な処分を考えてみませんか。エアコンの買い替えは8年から10年と言われています。もちろん、お手入れの行き届いているものはさらに長い期間使用できるでしょう。けれど、その間にエアコンはさらに進化しているのです。

お引越しや買い替えで、新しいエアコンを取付ける前に…現在お使いのものを買取査定してみましょう。川崎にお住まいであれば、すぐに査定にお伺いできます。量販店の下取りよりも、無駄遣い感を軽減できるかもしれません。エアコン専門業者へお気軽にお問い合わせください。




お客様との頁 TOP