本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ

              (47)

@横浜のみなさん、秋はエアコンクリーニングがお薦めです

最近の9月はまだまだ暑いですが、そろそろ冷房の出番もひと段落。9月も後半になれば、寒い時期までエアコンはひと休み…というご家庭や事業所は多いのでは?

実は、9〜10月という秋の時期にエアコンクリーニングがお薦めなのです。

想像してもらうとお分かりいただけるかと思いますが、エアコン内部は空気を冷やすときに出た水分で湿りがち。夏の気温と湿気でカビの大好きな環境が出来上がっています。エアコン内部が知らないうちにカビの温床となってしまうのです。

寒い時期になると、今度は室内を暖めて加湿をします。これまたカビの大好きな環境です。夏にエアコン内部で増えたカビが、送り出されて室内で増えやすい状況となります。 アレルギー体質の人や赤ちゃんがいるご家庭では、特に避けたい状況ですね。

ですから、暑さがおちついて、寒さで暖房を使うまでの間の時期である秋にエアコンクリーニングをするのがお薦めなのですね。エアコン内部のクリーニングは、自分でやるという方もまれにいらっしゃいますが、ぜひ、専門業者へご依頼ください。エアコンは電化製品で基盤も入っています。水分が入る場所によっては、故障したり火災の原因となったりしてしまいます。

寒くなる前にエアコンを綺麗にして、安心して暖房を使えるようにしておきませんか?
もちろん、こまめなフィルター掃除も大切ですので、お忘れなく。

エアコンは多くの電気部品が組み込まれています。エアコン工事も承っているエアコンのファミリーならば、洗浄の邪魔になる部品は取り外し、絶対に洗剤、水の掛からぬ様に、養生をしてから作業をします。クリーニング終了後には、作動の確認を兼ねた内部乾燥の為に運転をしますので、万一、調子の悪い場合には対応することもできます。

何年か前にエアコンを購入した後、一度もクリーニングをしたことがないという横浜の方。この秋メンテナンスを兼ねてエアコンクリーニングを依頼してみませんか?


A買い替え時期が売り時です!東京のエアコン取付も買取もお任せください

日中の暑さはまだまだ厳しい9月。けれど、夜になると虫の音が聞こえて、心がほっとなごみます。

地球温暖化で、年々暑さに拍車がかかっていますが、エアコン商戦も切り替わりの時期がやってきました。もうそろそろ、各メーカーの新機種の発表が始まりますね。そんなに目立っては変化が見えなくても、やはり節電効果や身体想いの機能が次々と開発されているのです。

大型家電の場合、壊れたタイミングでスグに買い替えるのは、コスト的に損する場合が多いですね。春や秋のように、新機種との入れ替え時期にちょうど当たれば良いのですが、家電がフル稼働するシーズン中の時期ですと、価格はかなりお高くなっています。

特に、エアコン等の大型家電の故障は大変です。猛暑や極寒のシーズンに壊れてしまったら?それこそ生命に係る事もありますから。

もし、エアコンの買い替えを検討するのなら、この秋がオススメです。各メーカーが新機種を次から次へと発表しますから、これまでメインとなっていた機種が、のきなみ型落ちとなります。すると、値引き額がどんどん大きくなって、ついこの前までは最新機種だったものがかなり安く手に入るでしょう。

また、電気代も安くなりますので、とても家計にやさしいのですね。

そして、さらにお得な方法があることをご存知ですか?
それはエアコンの買取です。購入金額を抑えるだけではなく、不用となったエアコンに買取価格がついたら、買い替えの頭金にもなりますから断然お得でしょう?

特に日本製品は質も高く、海外でも大好評!ですから、ご自分で価値はないと決めつけないで、無料査定で確かめてほしいのです。東京でエアコンの買い替えをご検討中のみなさま、買い替え時期が売り時です! 東京のエアコン取付も買取もぜひ当社にお任せください。


B男女の相性はエアコンでわかる?横浜のエアコン工事業者の知恵

スポーツの秋、読書の秋、味覚の秋etc. 旅行に行くにも快適な季節になります。また、結婚が多いのもこの時期です。春も秋と同じように穏やかな気候ではありますが、春は年度末・年度初めにあたりますから、ゲストを招くのも少し気がひけてしまうとか。秋の味覚もふんだんに出そろって、ハートもお腹も満たしてくれそうです。

さて、男女の仲を語るときに、エアコンは二人の相性を確かめる重要なアイテムとなることをご存知ですか?

二人の体感温度の違いから、エアコンの設定で話し合った経験はありませんか?

「暑いのはもうこれ以上脱げないから、寒い方が何か着ればいい!」なんて、よく飛び出すセリフです。

この時、設定温度を譲って自分は扇風機をさらにあてて対処してくれたら、その分こちらも優しくなれそうなのにね。

また、独身時代に部屋についているエアコンで、その人のマメさがわかるとしたら?どうでしょう。

エアコンはフィルターの掃除をこまめにするだけで、電気代を節約することができます。また、キレイな空気は気持ちよいですよね。ただ、エアコンのフィルターは、いつもは見えない所にあります。それだけに、エアコンのフィルターを掃除しているか、いないかで、その人のマメさがわかるというのです。

ただ、掃除していなかった場合も、それはそれである事を確かめることができます。

汚れたフィルターを掃除してあげた時に、「ありがとう!助かるよ」とお礼を言ってねぎらってくれるかどうかが鍵です。きちんと言ってくれる人は、人の気持ちを分かってくれる思いやりのある人と言えるでしょう。けれど、もし何の反応も無かったら? 何かしてもらう事は当たり前!と思うような人なのかもしれませんね。

あまりにも、エアコンがキレイすぎて逆に几帳面すぎるのでは?と思った場合、もしかすると、それは横浜のエアコン工事業者にクリーニングを頼んだ後かもしれません。エアコンのクリーニングに最適なのは秋ですから。その場合は、エアコンにとても詳しい知識豊富な方でしょう。


C川崎の皆さま、多機能エアコンがお買い得の時期です。

この夏の関東は、観測史上最高となる連日の雨でしたね。当初の猛暑の夏の予報から一転、涼しい日の多い夏となりました。とは言え、太陽が出ると一気に暑くなります。川崎も例外ではありません。
やっぱり夏にはエアコンがなくてはならない存在です。

この夏も頼りになったエアコン。ひと夏を通して、冷房の効きが悪くなったな…とか、ちょっと音がうるさくなってきた…などと、エアコンの調子が心配になるような現象はありませんでしたか?

もし、お使いのエアコンが10年を超えているようならば、買い替えを考えた方が良いでしょう。なぜなら、エアコンの設計標準使用期間(標準的な使用条件で使用した場合に安全上支障なく使用できる期間のこと)は10年とされている製品がほとんどだからです。製造から10年を過ぎたエアコンはいつ壊れてもおかしくないということ。10年経っていなくても、調子が悪そうになってきたら、買い替えを考えてみても良いかもしれません。

実は、多機能エアコンを安く買いたいと思ったら、この9月はねらい目なのです。10月になると順次エアコンの新製品が発売されてきます。そうなると、旧製品は型落ちということで、安くなりますよね。しかも9月は半期決算期を迎える企業が多いので、在庫処分として安く販売される場合が多いです。最新型にこだわるわけでなければ、安くなった旧製品はお買い得だと言えるでしょう。数年使用したエアコンから買い替えをするのならば、旧製品とは言え、これまで使っていたものよりも省エネだし、新しい機能が付いていると思われます。

いくら安くなっているとはいえ、エアコンを購入して、工事代金も払って…となるとそれなりに大きな買い物です。エアコン設置が手抜き工事で、火災が起こったというニュースを耳にしたこともあります。安心・安全に使えるようにきちんと設置をしてもらいたい。

川崎にお住まいで、そんなお気持ちをお持ちの方、ぜひ、専門業者のエアコンのファミリーへご依頼ください。エアコン工事のプロが責任をもって、付け替え・設置させていただきます。中古エアコンの買い取りも行っておりますので、あわせてお問い合わせくださいませ。