本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ

              (49)


@11月は安くエアコンを購入できるチャンスです

今年の夏は雨が多かったですが、今のところ秋も雨の日が多い印象ですね。
特に10月後半に2週連続の週末の台風襲来では、予定が狂った方も多いのでは。
ここ横浜でも、人気の横浜マラソンが中止になってしまい、残念な思いをしたランナーがたくさんいらっしゃったようです。
台風の様な荒天の時には、窓を閉め切っていますよね。普段ならエアコンの出番のない時期でも、そのような時は、室内が暑くなったり、肌寒くなったりとエアコン活躍することがあります。
今回も、エアコンがあって助かった!というご家庭もあったのではないでしょうか?

急にエアコンが必要だと、久しぶりに運転したけれど、なんだか効きがイマイチだった…とか、ちょっと変な音がした…などという場合は、ぜひ今のうちに対策をしてください。寒さが本格的になる前に、修理や買い替えをしてしまいましょう。メーカーの保証期間は5〜9年となっているので、保証期間を過ぎていて、「ちょっと変だな?」と感じるようでしたら、修理よりも買い替えを検討しても良いかもしれません。メーカーや故障箇所によりますが、修理費用は決して安くはありません。もちろん、状況によっては修理して使用し続けるのも良いと思います。ですが、今の時期なら、買い替えてしまう方がお得な可能性が高いのです。

実は、11月はエアコンが1年の内で安くなる時期なのです。特に上位機種ほど安くなっている可能性があります。また、みなさん良くお分かりだと思いますが、年々、省エネとなって消費電力が少ない機種が出てきます。同じ出力の機種でも、数年前のものに比べて消費電力は少なくなっていますから、月々の電気代の節約にもつながるのです。

皆が過ごす、リビングのエアコンを新しくするけれど、古いエアコンもまだ使えるから、そちらは子供部屋に新たに取り付けたいという事もあるかもしれません。
そんな時は、私たちエアコン工事専門業者の出番です。

横浜のみなさま、エアコンをこういう風に設置したい、移動したいというご要望をぜひ、お伝えください。
エアコンのファミリーでは、皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

A2017年秋冬注目!?の最新エアコン

そろそろ、エアコンの新機種が市場に出回ってくる時期になりましたね。
家電製品を買う時には、最新機種・最新機能をしっかりチェックするタイプの方は、もう新製品エアコンの比較をされているのでしょうか。

この秋冬の注目は、どんな性能なのでしょうか?いくつかご紹介します。

三菱の「霧ヶ峰FZシリーズ」は「先読み運転」が売りのよう。AI搭載で、人が暑い・寒いと感じる前に先回りして空調を整えるそうです。

パナソニックの「Eoloa WXシリーズ/Xシリーズ」は、冷暖房しながら、空気中のPM2.5やウィルス、花粉、カビ菌などを除去して、エアコン内部も清潔に保つ機能。また、スマートフォンから、室内の空気清浄効果を確認できるらしいです。

日立の「白くまくんXシリーズ」は、熱交換器を凍らせることで霜を付け、その霜を一気に溶かして汚れを一緒に洗い落とす新方式の洗浄機能。この方法だと、ホコリやカビだけでなく、油汚れも落とせるそうです。

ダイキンの「うるさら7Rシリーズ」は暖房運転開始時に、従来よりも室内設定温度に到達時間が20%も早くなるように性能アップ。ちなみに冷房時は、快適な湿度への到達時間が40%短縮されたそうです。

その他、ここに挙げなかった各メーカーも性能アップしたモデルを発表しています。

一方、新製品にこだわらないけれど、良い物をお手頃価格で手に入れたいというタイプの人にとっても、ねらい目の時期となっています。これから新製品が発売されるのを控えて、これまで新製品だった商品が型落ちで最安値となっている可能性が高いのです。

最新機種、型落ち機種、中古品のいずれを購入するにしても、出来るだけお買得に購入したいもの。特に、型落ち機種や中古品は現品限り、一期一会の場合もありますよね。
欲しいエアコンが見つかったけれど、工事の手配は別でどうしよう?
そんな時は、エアコン工事の専門店、エアコンのファミリーへご連絡ください。
新規購入の取り付けも、買い替えの付け替えもお任せください。不要になったエアコンは中古買取できる場合もございます。

川崎の皆さま、工事費別でエアコンを購入されましたら、ぜひエアコンのファミリーへエアコン工事をご相談ください。


B一度取り付けたらもう終わり?東京のエアコン事情

11月に入って天気が安定して、ようやく落ち着いた秋を楽しめますね。
東京では、次々とクリスマスイルミネーションの点灯式が行われています。ちょっと早いような気がしますが、夜はかなり冷え込んでいるのでクリスマスムードが漂う11月です。

夕方17時頃からキレイな灯りを見れるので、一般的にはとてもいいことです。点灯を管理している方にとっても、LEDライトの普及で電気代もかからなくなっていると言われます。いいことづくめ…のようですが、他の問題もちょっとあるようです。

ステキなライトたちには、当然「線」が伸びています。
イルミネーションは、たくさんの「線」でキレイな輝きを見せてくれいますよね。その配線をしっかりしておかなければ、大変なことになる可能性もあります。

コードがむき出しになってしまう、コードがからまってしまう、コードの養生をしておかないと引っかかって誰かが転んでしまう、そんな問題も出てきます。ちゃんとキレイだから大丈夫、ということはなく最後までしっかりメンテナンスが大事なんです。

寒さから私たちを守ってくれるエアコンも同じなんです。
たくさんの企業、店舗、住宅がひしめき合っている東京では、必需品のエアコンの配線や室外機の配置はとても大切。

屋内のエアコン本体が何の問題がなくても、室外機が作動しなければ、そこまでの配線がしっかりしていなければ、エアコンとして機能しません。エアコンは取付けてしまえば、後はなんの問題もない…ということは決してありません。

エアコンは取付けた後こそ、定期的なメンテナンスが必要なんです!
お互い特に配慮を必要とする東京では尚更です。
エアコン一筋、専門業者である当社では、多くのエアコンのメンテナンスの無料相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。