本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ

              (50)
@インターネットで購入したエアコン取付は、横浜エアコンのファミリーが請け負います

街の電気屋さんに行ってエアコンを購入し、紹介してくれた業者に設置作業を依頼する。その形は、今も昔も変わっていないように思います。

総務省が平成27年度に行った調査で、インターネットショッピングの利用率は72.2%であるという結果が出ています。また、「実店舗に出向かなくてもいい」という理由が、利用者の半数以上を占めています。

家電製品などは、その最たる例かもしれません。しかし、使い勝手を試してみたり、特徴を詳しく聞いたりするためには、実店舗に行く方がよいともいえます。また、価格交渉ができるのも、対面販売における最大のメリットかもしれません。

日本通信販売協会の調査によると、大型家電は実店舗での購入率は高くなる傾向があるという結果が出ています。とはいえ、少しでも安く買いたいと考える方は、中古販売や型落ち品を探してみる方も多いでしょう。

新品かつ店舗で購入をした場合は、不用品の引取や取付工事の有無は必ず聞かれることと思います。しかしながら、中古販売や型落ち品をインターネットで購入すると、それらの話がでない場合もあるようです。

もし横浜にお住まいで、インターネットショッピングでエアコンの購入をお考えでしたら、取付工事は当社をご検討ください。エアコン本体の購入価格を抑えたのに、取付工事や不要エアコンの処分でお金がかかってしまっては、元も子もありません。当社は、大手家電量販店の取付工事プランよりもリーズナブルな価格で、工事や買取を請け負っております。

取付や取外し以外にも、クリーニング、壁の穴開け、電圧の変更など対応しております。創業から25年、工事実績20万台突破のエアコンのファミリーまで、お問い合わせください。


A乾燥注意報発令の川崎におけるエアコン工事は、専門業者にお任せください

本格的な冬の到来とともに、関東では毎日のように乾燥注意報が発表されていますね。強風が吹く日も少なくないこの時期に一番気をつけなければいけない災害は、火災です。住宅火災の原因は様々ですが、ほとんどが人為的なものであるとされています。

また、火災の原因になる可能性があるという理由から、賃貸住宅では石油ストーブの使用を断っている場合もあるようです。その代わりに良く見かけるのが、「エアコン設置済」という言葉です。

エアコンが設置されている物件は、購入費や工事費がかからないことがメリットになりますよね。でも、自分が使いたいと思うエアコンが使えないというデメリットもあります。

エアコンは、室内の空気を循環させて冷却や暖房を行っています。室内機と室外機を空気が行き来する中で、気体の水分が抜けていくことはご存知ですか? 室外機から伸びているドレンホースから水が出ているのを見たことがあると思いますが、ここから出てくる水は実は、室内の空気中にあった水分なのです。

関東はとにかく、冬場の乾燥が気になる地域です。それに加えてエアコンを稼働することで、さらに室内の空気が乾燥するという悪循環が発生します。対策として、洗濯物を室内干しにする、加湿器を使うなどして、湿度を上げることが重要になってきます。

画期的な加湿ができるエアコンが発売されたのは、1999年のことです。このエアコンの特徴は、加湿用のホースが配管パイプの束の中に追加されることになるため、一般のものよりも太くなる点にあります。

併せて配管貫通穴の大きさも関係してくるため、エアコンを購入する前に、サイズを測っておく必要があります。賃貸住宅の場合、新規エアコンの設置工事には、大家さんの許可や工事費の負担対象者、修繕費用の確認が必要です。

広げた配管貫通穴を元の大きさに戻すことは難しいですが、細い配管ホースに切り替えた際は、余った部分をパテで埋めることができます。

川崎にお住まいの方で新しくエアコンを設置しようとお考えでしたら、地域密着型で歴史と実績を併せ持つ、エアコンのファミリーまでお問い合わせください



B東京のみなさま、12月にエアコン取付けをすれば、年中快適ですよ

もうすぐ1年が終わりますね。1年の目標は達成できたでしょうか?やり残したことがあれば、あと1カ月弱でできることをやってしまいましょう。夏によく働いてくれたエアコンの掃除をするのも忘れずに。

そして、もしお使いのエアコンの調子が悪いのであれば、思い切って買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?実は12月は、エアコンの買い替えや取付けに丁度よい時期なのです。

なぜかというと、12月に新しいエアコンを買って取付けをしてしまえば、来年は1年中快適に過ごせるからです。年が明けると寒い日が続き、暖房を使いたくなる日も増えるでしょう。年内に新しく調子の良いエアコンを取付けておけば、年明けの厳しい寒さに備えることができますよ。

また、このまま調子の悪いエアコンを放っておくと、夏の暑い時期にエアコンが壊れて地獄の日々を送ることになるかもしれません。冬は少しくらい寒くても服を着込めば我慢できますが、東京の夏の暑さはエアコンなしでは乗り切ることが難しいでしょう。

そのため、まだ寒さがそこまで厳しくない今の時期からエアコンの取付けをして、真冬の寒さと真夏の暑さに備える必要があるのです。冬の中でも12月は多くの会社でボーナスが出る時期ですから、会社員の方の懐が温かくなるのに合わせて新型エアコンが発売されます。新しくエアコンを取り付けるには、丁度良い時期といえるでしょう。

エアコンのファミリーでは今お使いのエアコンの取外し、新しいエアコンの取付けを社員自ら行っています。中古エアコンの買い取りキャンペーンも行っていますので、エアコンのことなら気軽にご相談ください。20万台を超える工事実績を誇る当社が、的確なアドバイスをいたします。

来年も1年中快適に過ごすために、12月中にエアコンの取付けをしてみてはいかがでしょうか。