本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ

              (51)

@引っ越しの予定がない東京の方は、慌ただしくなる前にエアコン取付をしましょう

2017年は大変お世話になりました。2018年も、エアコンのファミリーをどうぞよろしくお願いいたします。

新年を迎えてからエアコンの調子が悪いと感じることはありませんか?冬休み中の子どもが風邪を引かないように、いつもよりエアコンをたくさん使っているご家庭も多いことでしょう。そこで何か不調が見られたら、買い替えを先延ばしにせず、1月中に新しく購入してエアコン取付けを行うのがおすすめですよ。

なぜかというと、1月は東京が慌ただしくなる前の良い時期だからです。3月から4月にかけては、引っ越しシーズンになります。そのため、入学や就職などに備えて新しく家電が売れるので、エアコンも少々割高になってしまうのです。新しくエアコンを買おうと思っても、お得に買えるとは言い難いですね。

また、東京は特に人の入れ替わりが激しいですから、3月と4月はエアコン取付工事の予約がいっぱいになります。せっかく新しいエアコンを購入しても、すぐに使えなければ意味がありませんよね。そこで引っ越しの予定がない方は、3月になる前にエアコン取付工事を予約することをおすすめします。新しく購入すると決めたら、1月中に工事を予約するとスムーズですよ。

新しくエアコンを購入するつもりがない場合は、1度エアコン内部を徹底的に綺麗にしてみるのはいかがでしょうか。毎日使っているとわかりませんが、エアコンの内部は思った以上に汚れが溜まっているのです。汚れが溜まると不調の原因になりますから、早めに綺麗にしておきましょう。

エアコンのクリーニングも、取付け工事の予約がいっぱいになる3月前までにするのがおすすめですよ。当社では、エアコンの取付けや取外し以外にクリーニングも行っているので、ご相談くださいね。

A忙しさが落ち着いた東京の皆さん、エアコン工事はお済みですか?

バタバタと忙しい年末が過ぎ、2018年が始まりました。今年の抱負は決まりましたか?できれば1月中に新年の目標などを決めて、良いスタートを切りたいですね。

東京も年が明けてから、さらに冷え込む日が増えたように思います。東京は石油ストーブなどの暖房器具がなくても生活できるので、安心ですよね。しかし、部屋の断熱材などの寒さ対策が豪雪地帯に比べて弱いので、寒い日は冷え込みが激しいのが悩みどころです。

皆さまのご家庭でエアコンを動かしている時間は、年末よりも長くなっているのではないでしょうか。エアコンの使用時間が長いのであれば、それだけ内部にゴミが溜まるスピードも早くなります。適度にエアコン内部の掃除をすることが必要ですね。長いことエアコン掃除をしていないのであれば、1月中にクリーニングをしてみてはいかがでしょうか。

エアコンのファミリーでは、通常の掃除では落とせない汚れも撃退するクリーニングを行っています。自力で落とせない頑固な汚れはプロに任せて、隅々まで綺麗にしましょう。自力では掃除することのできない部分の汚れを見て、驚くこと間違いなしです。身の回りのものが綺麗になると、新年もより快適に過ごせますよ。

また、買い替えてから長い年数が経っているのであれば、掃除をしても不調が良くならないかもしれません。そんなときは買い替えることもオススメです。当社ではエアコンの取外しから取付けまですべての工事を行いますので、ご相談ください。


B横浜地域で自動洗浄機能付きエアコンの取付工事業者をお探しの方へ

1961年以降、1世帯に1台のエアコンを保有することが一般的となりました。内閣府が実施している消費動向調査によると、2017年3月の時点で、その普及率は二人以上の世帯で91.1%であるという結果が出ています。

一言でエアコンといっても、各メーカーが毎年のように新しい商品を発売するため、その種類は膨大なものとなっています。一年前のエアコンでさえ、型落ち品として安い値段で店頭に並ぶほどです。

エアコンの耐用年数は、一般的には7年から8年といわれています。今から7・8年前のモデルというと、現在のエアコンよりも若干サイズが大きく、消費電力もかかるというのが特徴です。

現在販売されているエアコンのなかには、センサー機能やAI搭載に並んで、自動洗浄機能が搭載されているものがあります。自動洗浄機能そのものは、富士通ゼネラルが2003年3月に発売した「nocria(ノクリア)」が、最初の機種となります。

エアコンの自動洗浄機能は、メーカーごとに内容が異なることはご存知ですか? 実は、この自動洗浄機能に頼るあまり、結果として稼働効率を下げてしまうことにつながる可能性があるのです。

ここでいう自動洗浄機能とは、フィルター掃除のことを指します。そして、そのほとんどが「ダストボックス」が設置されているタイプなのです。ダストボックスとは、「ごみ箱」のことなのですが、このメンテナンスを失念されている方が多いのです。ダストボックスを備えた家電の代表は掃除機ですが、エアコンも同様のものであると考えたほうがよいでしょう。

埃がエアコン内部に溜まった状態のまま稼働を続けると、冷暖房効率が悪くなるということは、広く知られるようになってきました。しかし、フィルター以外の掃除が定期的に必要なものであることはまだまだ知られていないように思います。

埃は目に見えるサイズのものから、見ることのできない大きさのものまで様々です。自動洗浄機能だけでは、フィルターをすり抜けてしまった埃を除去することは難しいのです。また、洗浄機能のないエアコンクリーニングと異なり、洗浄機能付きのエアコンクリーニングに対応している業者が限られる、料金が割高であるというのが現状です。

エアコンファミリーでは、設置や取外し、クリーニング、買取りまで一貫して取り扱っております。横浜近郊にてエアコンに関するお悩みがありましたら、当社までご連絡ください。

年末の慌ただしさが一段落した1月、エアコンで暖かくなった部屋でのんびり過ごすためにも、クリーニングや買い替えを検討してみてくださいね。当社は、東京の皆さまからの工事やクリーニングの相談をお待ちしていますよ。

C川崎地区のエアコン設置工事で省エネ活動をサポートします

2017年の秋は、ものすごく短かったような気がします。川崎地区も、11月の半ばから急激に冷え込みました。冬が前倒しで来てしまったために、冬支度がままならなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

夏以来電源を入れていなかったエアコンを、いざ稼働させようとしたら動かなかった、といったことはございませんか? エアコンは専用のコンセント口を使用する為、うっかりコンセントをさしていなかったという事態は滅多にないでしょう。

電源が入らない原因の一つに、機械がエラーを起こしている場合が考えられます。この場合の復旧方法をご紹介します。まずは、供給電気を完全にオフにするのですが、コンセントを抜くのではなく、ブレーカーを落とします。5分ほど経過したらブレーカーを戻し、電源を入れなおしてみてください。機械自体がリセットされ、電源が入る可能性が高くなります。

エアコンの再起動が起こらない時は、物理的な故障が生じていると考えられます。専門家に検査してもらい、結果によって修理をするのがよいのか、買い替えた方がよいのかを判断します。修理費が新品のエアコンを購入できる金額になるというのであれば、購入に踏み切ったほうが賢明といえます。

新しいエアコンを選ぶ際、何を基準にしたらよいのかわからない、といったご相談が寄せられることもあります。購入予算はもちろん、どの程度の広さの部屋に設置するものなのかをはっきりとさせることも大切です。

エアコン選別の決め手として一番わかりやすい指標は、「省エネ性能」ではないでしょうか。家電量販店などでは、星の数で省エネ性能を表示しています。省エネを基準に選ぶ場合は、省エネ性能の星が4つ以上のものを選びましょう。

この他に気をつけなければいけないのが、冷房だけでなく暖房器具としても使えるタイプであるかどうかを確かめることです。これは商品の能力表を見ることで、判断できます。

エアコンの省エネ機能を最大限に活かすのであれば、実際の設置部屋の大きさよりも一段階上の広さに対応したタイプを選びましょう。最大パワーで稼働する時間が短くなると、その分電力消費が抑えられるのです。

川崎地区にお住まいの方で、エアコンの買い変えを検討されている方は、是非当社までお問い合わせください。中古エアコンの買い取りも行っていますので、新規購入のお助けにもなると思います。