本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632


    お客様へのページ

              (58)

@夏の猛暑!横浜のエアコン取付はお済ですか

この時期になると、エアコンの取り付けを「急いで!」という連絡が増えます。
一般家庭だけでなく、店舗や事業所などの「業務用」エアコンも需要が高まるからです。

エアコンが稼働しない
エアコンが壊れた
などが増えるからでしょう。

一気に暑くなり、ちょっとずつ使用していたエアコンの使用時間や量が格段に増えます。年数が経ち、何となく掃除をしてごまかしてきたけれど…増えた使用分にエアコンが追いつかなくなる時がやってきやすい時期でもあります。

そして、猛暑の中エアコンがないのはとても危険です。
かくして「急いで!」ということになるのでしょう。
特に、店舗や事業所は多くの人が集まります。エアコンなしでは営業するのも厳しいですよね。そして、埋め込み型のエアコンである場合があるので、すぐに対応することができない可能性がありますね。

エアコンを購入して、取付けの順番を待つとなると…何日も待たなくてはいけません。
量販店は購入順での対応になってしまいます。人気店であれば順番もかなりでるでしょう。

やはりもっと前に点検していれば
定期的な清掃をしていれば
早めに予算を組んで買い替えていれば

と悔やんでも始まりません。
次のエアコンからはぜひそうしてください。

横浜で急いでどうにかしたいエアコン取付に関しては、「中古エアコン」であったり、「エアコン専門業者」をご検討してみてください。

横浜のエアコン専門業者ファミリーでは、エアコンの取り付け工事だけでなく、クリーニングや中古エアコンの買取もしております。
壊れたかもしれないエアコンに、どうやって対処すべきかご提案させていただくことができます。

例えば、
エアコンの至急点検→買替が必要→日数がかかる場合は中古のエアコンの提案→その場で取付け→シーズン後点検し買替スケジュールの提案
1台のエアコンについてどういった流れで現在対応すべきが、当社だけで提案することができます。

猛暑の中だからこそエアコンのファミリーはお客様の味方です!



A川崎ではエアコン工事の際、注意しないといけません

年々暑くなっているとは言われていましたが…今年はまさに「猛暑」、「酷暑」になるのも早かったですよね。

熱中症や熱射病といった生死に関わる事態に陥らないためにも、「もったいない」精神は捨ててエアコンをぜひご使用ください。

夏の体調管理のためにも、エアコンは室温28℃ぐらいの設定が推奨されています。
寒すぎると身体がだるくなったり、血行不良となってしまいます。また「暑い」と感じる室温では、クーラーが効いた室内でも熱中症になる危険性があります。

ちゃんとエアコンを28℃に設定しているのに、何だか暑い…
これから日差しがさらに強まる中、こう感じるお宅もでてくるのではないでしょうか。

エアコンが壊れている?
まだ○年目なのに!
エアコン本体のせいではないかもしれませんよ。

外気温が午前10時から午後2時にかけてあがり、ピークを迎えます。それに伴って夕方にかけてクーラーの効きが悪くなると感じることがあります。

・地面に熱がこもる
・室外機に西日があたる

エアコン本体だけでクーラーは稼働しているわけではありません。室外機によって循環させながら冷気をつくっているのです。特に、室外機は地面に近い場所やベランダなどの陽当たりの良い場所に設置されていることが多いです。
両方を満たしている室外機は、なかなか冷気を上手に作り出すことができない時間帯ができるでしょう。どちらかだとしても、室外機の動作に影響がでることはあり得ます。

川崎でエアコンの効率を考えるならば、室外機の工事から考えなくてはなりません。

エアコンのファミリーでは、お客様宅のベストな設置を提案しております。
長く使用してもらいたいエアコンですので、「配管があるから」ということでの設置ではなく、家の向きや隣家との兼ね合いも調整させていただきます。

地域密着のエアコン専門業者、エアコンのファミリーに川崎のエアコン工事はお任せください。


Bエアコンを取付たら、東京にお住まいの方は頻繁にフィルターをチェックしましょう


突然ですが、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」は、ご覧になられていますか? 
2018年6月に放送された
「病院清掃30年のプロが警告! 間違いだらけの掃除法 梅雨突入緊急SP」
は、大変勉強になりました。

エアコンのファミリーは、エアコンの取付・取外し工事や、内部の清掃、中古品の買取などを行う専門業者です。エアコン内部の清掃を行っている手前、お客様の健康のためという点では、病院清掃のプロと何ら変わりはないと思っています。

専門業者としてエアコン洗浄を行う際は、内部に洗浄液を噴きつける関係上、汚れないように周囲やエアコン下部に養生シートをとりつけるのが常識となっています。今回の放送を見て、可能な限り埃や汚れを周囲へ撒き散らかすことのないよう、丁寧な作業を心掛けたいものだと思いました。

さて、エアコンの洗浄といえば専門業者の領域となるところですが、日常のお掃除の延長でできるエアコン掃除があることはご存知ですか?

それは、エアコンのフィルター洗浄です。このフィルター洗浄をどのように行うかによって、稼働効率はもちろん、内部洗浄の頻度にも影響が出てくるのです。

ところで、あなたが普段行っているエアコンのフィルター洗浄は、以下のいずれかにあてはまるものでしょうか。

1.フィルターを取り付けたまま、掃除機で表面の埃を吸っている。
2.フィルターを外し、掃除機で埃を吸っている。
3.フィルターを外し、掃除機で埃をとったうえで、洗って乾かしている。
4.フィルターの自動洗浄機能があるので、行っていない。


フィルター洗浄方法として最適なものは、3です。掃除機で大きな埃を吸ったら、取りきれない小さい埃は、洗い流すのがベストです。

最も注意すべきは、1と4の方法です。フィルターは湾曲した状態で本体に収まっていますので、見える部分だけ埃を取っても、綺麗になったとは言い難いのです。また自動洗浄の場合、ダストボックスの存在をご存知でない方もいらっしゃいます。ゴミ箱がいっぱいになってしまったら、本体内部にゴミが溜まっていくことになりかねません。
東京は、春先の花粉や土埃などの影響を受けやすい地域です。目に見えない埃でも、そこにあるのだと考え、可能な限り取りきるように心がけたいものです。

C横浜にお住まいの方へ。夏のエアコン工事に起こりがちなトラブルを回避しましょう

エアコンの取付工事がもっとも増える月……それは、6月から8月の中旬頃なのです。ここ数年の異常気象で、夏の到来が早く感じられることもあり、繁忙期の期間も長引く傾向にあります。この繁忙期であることに加えて増えるのが、工事におけるクレームなのです。

全国におけるエアコンの普及率は91.1%となっています。全世帯のエアコンが同時に壊れることはないと思いますが、毎年一定数は、買い替えを行っているものと思われます。

買い替えを行っても、即日購入したエアコンが取り付けられるとは限りません。家電量販店で購入した場合、配達と取付工事を同時に申し込むという方もいらっしゃるでしょう。

購入店から自宅への配送を依頼した場合、多くが「最短日」でのお届けになるかと思います。しかしいくら最短日といっても、手配や配達処理が関わってくる関係で、購入から2〜3日は後になると考えた方が良いでしょう。

工事の段階において、配達日中に工事に取り掛かることができるケースは、殆どないのではないでしょうか。この時、受取から工事が可能な日時まで、さらに時間が空くことになります。最も使いたい日にエアコンを使うことができるよう、ゆとりを持って購入と工事の計画を練る必要がありそうです。

問題なのは、購入から取付までの日数だけではありません。取付工事を行う業者についても、きちんとした業者を見極めることが重要となります。

ビジネスにおいて、需要のあるところに出店していくのは常套手段です。エアコン設置業者も同様で、繁忙期に雇用を行い、人出を確保するのは当然のことです。だからこそ気をつけていただきたいのが、工事の質の問題なのです。

エアコンのファミリーは、この道25年、全て自社作業員による取付工事を保証しています。即席・悪徳業者に依頼しないためにも、きちんとした情報を仕入れて、エアコン工事を選択することが大切です。

当社がサービスの提供を行っている地域は、東京、横浜、川崎、湘南の一部地域のみとなっています。該当する地域にお住まいの方で、エアコンの取付業者をお探しでしたら、エアコンのファミリーをご検討ください。