本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ
                (100)


@川崎のエアコン取付事業のプロに学ぶ、効果的な換気との両立

いまだ猛威を振るっている新型コロナウイルスに限らず、インフルエンザやそのほかの疾患の予防において、重要となるのが、“換気”です。 特に窓を閉め切りがちになる夏場や冬場にこそ、換気の重要性について考えるべきだと思います。

この“換気”を行う方法として広く知られているのは、“窓を開けること”です。

部屋の広さによって多少の差はありますが、1時間内に5分間から10分間ほどを目安に窓を開けておくことが望ましいとされています。 とはいえ、室内で暖房や冷房を使用している場合は、保温・保冷効果を維持するためにも、あまり長時間窓を開けておきたくはありませんよね?

実は、換気のために窓を開けておく時間は、1時間内に10分間よりも、5分間を2回行った方が、より換気ができるのです。

政府が発行している、新型コロナウイルス感染拡大防止のパンフレットにも、空間の密閉状態を避け、換気を推奨する旨が記載されています。 ここで推奨されている換気方法は、「窓を全開にすること」ですが、実際は窓を全開にしなくても、空気の流れを作ることで冷暖房の効率を下げることなく、換気は可能であることが実証されています。

換気に最も適した窓の開け方は、外気の入口となる窓を開ける幅を狭くし、出口となる側の窓は全開にすることです。 冬場であれば、暖かい空気を冷えた部屋に流す通路を確保するだけで、空気の流れを作ることができます。

家庭内におけるエアコンの設置場所は、外壁に面し、かつ窓のそばであることが大半です。しかし、エアコン近くの窓を開けて換気を行う方法は、あまり推奨されていません。 その最たる理由が、冷暖房の効率低下です。 長方形で、長辺と短辺が一辺ずつ外壁に面している部屋ならば、冷暖房の効率を考えて短辺側にエアコンが設置されていることが多いと思います。 設置条件がそろっているのに、長辺側に設置されているとしたら、エアコンの配置換え工事を行うことをお勧めいたします。


A横浜のエアコン工事のプロに学ぶ、寒冷地エアコンについて

昨年の秋口に、ラニーニャの影響で、冬の寒さが厳しくなるという報道がありました。さらに石油価格の高騰を受けて、関東地域でも寒冷地用エアコンの購入が増えたといわれています。

寒冷地用エアコンと一般的なエアコンでは、何が違うのか?それは、ずばり「室外機の機能が充実している」点にあります。

エアコンの心臓部は、実は室外機にあります。室内機は、室外機が作り出した冷風や温風を室内に届ける役割を担っているに過ぎません。 この心臓部を強化しているのが、寒冷地エアコンなのです。

具体的に、異なる点を詳しく見ていきましょう。

一つは、室外機の内部が凍結してしまわないように、凍結防止ヒーターが搭載されているところです。 この凍結防止ヒーターは、本体が稼働していなくても運転を続けているので、電気代が嵩む要因ともいわれています。

他には、本体が稼働していなくても、自動でファンを動かして、雪の吹込みを抑える機能がついている点です。 大抵は積雪の影響を受けない高さや、囲いの中に室外機を設置しますが、こうした対策が取れない集合住宅や施設などでも使えるよう配慮されています。

また、霜取り運転を行いながら、通常の暖房運転ができるようになっているなど、冷え込みの厳しい地域にとって必要な機能が搭載されています。

寒冷地エアコンの最大の特徴といえば、暖房機能が強化されている点にあるといえます。室外機の強化は、つまりは熱交換機能の強化であるともいえます。 暖房は、吸引した外気から熱を取り込んで圧縮し、室内へと送り込むことで成り立っています。 寒冷地エアコンは、限られた熱を多く取り込み、圧縮する機能が搭載されているので、通常のエアコンよりも、暖房機能が優れているといわれているのです。

寒冷地エアコンは、一般的なエアコンと価格に大きな差はありません。 ただし、横浜は最低気温が0℃を下回ることが滅多にない地域なので、不要な機能が多くなってしまう可能性が高いといえます。


B東京の住宅で最悪なエアコン取付場所からの脱却

エアコンの取付工事中に発生する問題の多くは、事前の準備をしっかりと行っていれば回避できるものばかりです。

エアコンの設置を行っている業者が、建物の筋交いに傷をつけてしまうような初歩的なミスを犯すはずはありませんが、万が一ということもあります。 可能であれば、建物の建築図面を入手しておきましょう。 建物の建築図面がなくても、赤外線サーモグラフィカメラを使えば、柱や筋交いの位置だけでなく、断熱材の有無、雨漏りの状態などを調べることができます。 専用の機械を使用する調査は、業者によって費用が必要になる場合もありますので、無料の見積もりや相談を行ってからの依頼をお勧めします。

あるいは、機械をレンタルして、ご自身の手で構造を調べることもできます。 レンタル費用に関しても、バラツキがありますので、実際の機械を見たうえで、価格の比較調査を行うことが望ましいでしょう。

東京都におけるエアコンの設置工事の失敗において、当社で対応が可能なことは、エアコンの移設工事と内部のクリーニング作業です。 周辺の環境によっては、室内機はそのままで、室外機のみを移動させることも可能です。 室外機を移設することで、冷暖房の効率を上げる、異臭の原因から遠ざける、虫の侵入を可能な限り防ぐことができるといったメリットがあります。

もしも現在、室外機の設置場所が悪く、快適にエアコンを使うことができていない、稼働させることができないとお悩みでしたら、是非当社までご連絡ください。 この道25年以上の実績をもとに、最適な設置場所をご提案し、工事を行わせていただきます。 当社は、下請け業者に頼らず、すべて自社社員にて作業を行います。 他社では対応できかねることの多い、建物の3階以上の配管工事や高所工事はもちろん、配管の隠ぺい工事にも対応しています。

エアコンの取付工事やクリーニング以外にも、買い替えにあたってご不要となりましたエアコンの買取も行っております。


C川崎市のエアコン工事のプロに学ぶ、加湿器との併用について

神奈川県を含む関東圏は、冬場になると毎日のように乾燥注意報が発表されます。
気象庁による川崎市の乾燥注意報の基準は「最小湿度35%、実効湿度55%」と定められています。
実効湿度というのは、数日間のデータを考慮して導き出される数値で、火災の発生率に関係する木材の乾燥度です。
空気が乾燥しやすい地域では、可燃性のある燃料を使用する暖房器具を使うことを禁止している物件もあるくらいです。

長年、「エアコンの暖房といえば、乾燥する」と連想されるほどに、エアコンによる室内の空気の乾燥に注目が注がれてきました。
しかし、今やその概念は覆されています。
1999年にDAIKINより発売された「うるさら」シリーズは、加湿という世界初の機能を搭載していました。

加湿機能のあるエアコンが登場してから20年以上が経過しましたが、まだまだ加湿機能のないエアコンを設置されているご家庭も多いことと思います。
とりわけ、すでにエアコンが設置されている賃貸住宅などの場合、加湿機能のあるエアコンに買い替えることは困難でしょう。
複数の部屋がある賃貸住宅であっても、エアコンを新たに取り付けることはめったにないことだと思います。

そこで活躍するのが、加湿器です。
加湿器には、気化式、スチーム式、超音波式、ハイブリッド式(気化・温風気化式、超音波・加熱式)の4タイプがあります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、どのタイプがお部屋の構造や、使用目的にかなっているかを比較検討する必要があります。
室温の体感温度を高めにしたい場合は、ハイブリット式(気化・温風気化式)とスチーム式をお勧めします。
消費電力を抑えつつ、加湿だけ行いたい場合は、ハイブリット式(気化・温風気化式)、気化式と超音波式がお勧めです。
川崎市内にお住まいでエアコンの新規・追加設置工事をご検討されていらっしゃいましたら、冷暖房の効率化に関するアドバイスもできる専門業者にお任せください。




  

株式会社マツミコーポレーション 
(エアコンのファミリー)

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町328-3
TEL.045-548-5200
FAX.045-345-4016
0120-502-632

info@aircon-family.jp