本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632

    お客様へのページ
        (27)

@東京にPM2.5の猛威がやってくる前にエアコン工事が必要です

昨年末、中国北京の大気汚染は深刻な状況となりました。
以前から言われているPM2.5は、北京の空を覆い尽くしています。
「赤色警報」は経済にも影響が出るので、中国政府は発令したくないはずだったのですが、それでも発令せざるをえない状況だったのでしょう。

学校は休校、工場も操業停止、車のナンバー規制まで…経済だけでなく、市民生活にも影を落とすこととなっています。

同じく昨年流行語大賞にも選ばれた「爆買い」ですが、中国から日本に旅行でやってくる人は、ブランド品などと同じくらい家電製品を購入していくそうです。
特に日本の空気清浄器などは優秀なので人気があるらしいのですが、やはり中国本国の人でも自国の大気汚染は気になっているということなのでしょうか。

隣接している日本でも佐賀県などが影響をすでに受けているようですが、今後は九州だけでなく日本全国に影響があることは必至です。

洗濯物が外に干せない・子供たちが外で遊べない・外出時には常にマスクを…対策は他にもあるのではないでしょうか。

現在は暖房として、春先になると空気清浄器として、梅雨は除湿機能として、夏は冷房として…エアコンは室内の環境を常に守ってくれています。

エアコン本体はお掃除機能がついていたり、こまめに掃除をされていたりする方が多いと思いますが、室外機はどうでしょう。
室外機は日光にあたりすぎていたり、暗い所に置いてあったり、所狭しとぎゅうぎゅうに置いてあったり…本体ほどは手入れが行き届いていないことが多いのではないでしょうか?

エアコン本体と室外機は、人間の血液と同じように循環し合って動作しています。当然、室外機の調子が悪ければ本体の動作も鈍くなっていきます。

そうならないためには、エアコン本体だけでなく、室外機の点検・手入れが必要になるのです。
PM2.5が東京で猛威を振るう前に、エアコン工事・クリーニングをお勧めします。




A川崎だからこそ!冬場のエアコン取り付けがいいのです。


寒い季節はエアコンがお休みしていることはありますか?

床暖房やガスファンヒーター、オイルヒーターや電気ストーブ、懐かしのこたつ。
部屋や場所によって暖房を切り替えている人も多いことでしょう。

各暖房器具が場所を取るのと同時に、加湿器や空気清浄器も幅を利かせています。
ただでさえ冬は乾燥してほこりがたまりやすいのに、あちこちに電化製品があってはますます部屋のほこりはたまるいっぽうですよね。

やはり暖房機能と空気清浄、加湿にも対応できる多機能エアコンは、冬を快適に手間いらずに乗り越える最適な相棒かもしれません。

夏場を涼しく保ってくれるエアコンですが、正直夏場はどのエアコンも機能的には大差がないと言われています。
逆に、冬場こそ各社競い合って特色が出るようなエアコンがあるのです。

どうしても夏場重視でエアコンを購入しがちですが、「加湿」「美肌」「健康」…加えて省エネなど、冬場こそエアコンの本領発揮と言わんばかりに各社機能が充実しています。
結局使い方がわからない…というようなことがないようにリモコンに工夫もされているので、どんどん便利になっていることは間違いないです。

特に、この川崎では外気を取り入れず室内の空気清浄に力を入れている地域ということもあるので、暖房器具も空気を汚さない・場所を取らないように気をつけている人が多いです。

だからこそ、この冬場に川崎ではエアコンの購入・取り付けが結構盛んになるんです。

新しい年を新しいエアコンで…と思いがちですが、みなさん意外と初売りで大型家電・多機能エアコンを購入されるのです。エアコン取り付けもこの時期であればスムーズに済みますからね。

冬が終わればまた春の花粉の季節になります。本格的な空気清浄のシーズンになる前に、快適な暖房や加湿でエアコンを慣らしておきませんか?








B横浜の冬を快適にするエアコン取り付け法

電気代の請求書を見て、ため息が出てしまうのが冬の時期。どうして、冬はこんなに電気代が多くかかってしまうのでしょう?

そうです。寒さを解消するための、暖房光熱費が余計にかかってしまうからです。
オール電化を取り入れているお宅もありますが、東日本大震災からは、ガスの魅力も注目されています。しかし、ガス代はどこのガス会社を選んでいるかによって料金もマ
マチで、特に、寒い時期にはお風呂をわかす代金が重くのしかかってくることでしょ

この時期、ガスヒーターとファンヒーターのどちらがお得なのかという話題もでてき
す。ガスはガスの供給会社によって、そして、ファンヒーターも灯油の代金によって異なってきますから、一概には言いきれないのが現状でしょう。

比較的安定しているのがエアコン等の電化製品です。しかし、部屋全体を温める事の出来るエアコンですが、やっぱり、冬は他の季節に比べれば、電気代はアップしますよね。

それはなぜなのか?
設定温度と気温との差に原因があります。

例えば、夏にエアコンの温度を25℃に設定したとしましょう。通常の気温はだいたい30〜35℃くらいでしょうか。エアコンによって、5〜10℃分冷やせばいい事になります。

では、冬はというと、エアコンを20℃に設定したとしたら?気温は0〜5℃、つまり15〜20℃分あたためなければいけないのです。

こうやって比べて見れば、ちょっとは納得できるのではないでしょうか。エアコンは夏も冬も一生懸命に、快適な温度をつくろうと頑張ってくれているのです。横浜の冬を快適にするエアコンの取り付けを考えるのなら、暖房効率の良いエアコンを選ぶことで
思った以上の満足感を得られることでしょう。

また、エアコンは設定温度に達するまでの間が一番電力を使います。ですから、
ファンヒーターや床暖房などと組み合わせることで、さらなるエコを実現できます。かしい暖房で、電気代を浮かせましょう。


C横浜のエアコン工事のプロも電力の自由化に注目しています


2016年4月、電力の自由化がはじまりますね。
とは言っても、電力となると、何をどうくらべればいいものか、ちょっと悩んでしまいませんか? 

横浜のエアコン工事のプロも電力の自由化に注目しています。
節約といえば、家電の省エネ製品を選ぶことに重きをおいてきましたが、さらに電力の選び方でも電気代金に差が出てくると言うのですから注目せざるをえません。
これまでは、東京電力、関西電力など、住んでいる地域の電力会社から電気を売り買いしてきました。しかし、今年の春には、どこの電力会社を選んでもOKなのですから、少しでもお得な電力会社選びたいものです。

現在、日本には50社近くの電力会社があると言われています。東京電力などの地域の電力会社のように、大規模で安定した企業もありますし、ガス会社、通信会社など、一見電力とは分野が違うような企業で、独自の発電や、余剰電力の買取をするなどして電力を配給している企業もあるのですね。

地域の電力会社は発電設備もあり、資金的にもしっかりしていますが、大規模だからこそ、かかる費用も膨大です。設備の建設・整備費用、管理費、人件費などもかかります。

これに比べて、小規模で自由な新電力会社は、太陽光・風力などの自然エネルギーを利用するなど、独自の設備を持っているとこともありますが、大部分の企業は、発電設備や送配電網を保有していないことや社員が少ないことが逆に強みになり、価格競争へ参入しやすくなります。そうです、様々な経費がかからない分、電気代を安く設定できる!とうわけです。

たとえるなら電話料金ですね。電話の回線を保有しているのはNTTですが、その回線を借用している電話会社が、より安い料金を打ち出していたりするでしょう?

昔は日本電信電話公社が電信・電話業務を行っていましたが、1985年(昭和60年)に通信の自由化がはじまりました。そして今では、通信業界では価格競争が当たり前になって、私たちも自由に選んでいます。

きっと何年かたつ頃には、電力も自分から選ぶことがもっと身近に感じられるようになることでしょう。

   
   

   お客様との頁 TOP


株式会社マツミコーポレーション 
(エアコンのファミリー)

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町328-3
TEL.045-548-5200
FAX.045-345-4016
0120-502-632

info@aircon-family.jp