本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632


    お客様へのページ

              (62)

@年末セール開始! 川崎にお住まいの方で、新しくエアコンを取付るなら?

12月に入り、「年末セール」ののぼりを掲げているお店を見かけるようになりました。お勤めの方の中には、早くもボーナスをもらったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

臨時収入ともいえるボーナスの使い道は、すでにお決まりですか?

CRECOリサーチが2017年7月に行った調査では、「家電・電化製品の購入」が5位にランクインしていました。大きな家電製品は、それなりの値段になってしまうので、納得の使い道といえます。

年末セールともなれば、年内に発売されたばかりの新型エアコンもいくらか安く手に入れられるチャンスですよね。

現時点で設置されているエアコンがまだまだ使える状態であっても、稼働効率が悪ければ、電気代がかさんでいくばかりです。まずは、エアコン本体の製造年を確認して、耐用年数内であるかどうかを確認してみましょう。

次に、エアコン本体と室外機内部の汚れ具合を確認しましょう。機械内部のクリーニングを行うだけで、稼働効率が上がり、電気代が抑えられるのであれば、全体の支出が抑えられます。

耐用年数いっぱいで、クリーニングの必要もなさそうだという状態であれば、買い替えを検討されてみても良いかもしれません。購入場所は、量販店やインターネット通販などがありますが、ポイント還元やキャッシュバックのある店舗を選ぶとさらにお得に購入できます。

セール中は、当然ながら購入者が増えます。エアコンを購入する方も一定数いると思われるので、設置作業者の手配がスムーズにいくとは限りませんよね。可能であれば、購入した当日、もしくは翌日にでも新しいエアコンに交換したいですよね。

そんなときは、エアコン工事の専門業者であるエアコンのファミリーにお任せください。

当社は、川崎、横浜、東京、湘南の一部地域を営業エリア対象とした、地域密着型企業です。既存製品の取外しから新品の取付、配管工事、電気配線工事などを含めて対応いたしますので、まずはご相談ください。

A急遽東京に転勤! エアコン工事は必要ですか?

年末が迫るこの時期に、急遽転勤の辞令が! という方はいらっしゃいませんか? 通常辞令が出されてから、実際に移動するまでは約1ヶ月の期間が設けられていると聞きます。

しかしながら、12月の翌月は1月で、今度は年始の時期。多くの企業も年末年始の休暇に入ってしまうため、物件を探すのも大変なのではないでしょうか。そうして急いで物件を探してみたものの、生活に必要な設備が不足していたら困りますよね。

中でも意外と見落としがちなのが、エアコン設置の有無という項目です。
今や、エアコンのない家庭はないといわんばかりに普及している家電の一つではありますが、集合住宅や築年数の古い建物の場合、まれに起こり得るケースなのです。

「単身だし、帰宅して寝るだけだからエアコンはなくても……」

なんて、甘く考えてはいけません。なんと2016年度には、東京都内での凍死者数が全国1位を記録しているのです。

とくに12月や1月は、お酒を飲む機会も増えるため、酔って帰宅する日も多くなるでしょう。布団に入らずにソファや床で寝てしまったら、風邪をひいてしまうことは確実です。ただでさえ体温コントロール機能が低下しているのに、部屋全体が冷えたままでは、治るものも治らないと思いませんか?
例え稼働する日が少なくても、エアコンは設置してあるに越したことはないのです。

エアコンによる暖房効率を上げる方法は、換気と換気扇を併用することです。換気扇を回すことで、室内に空気の対流が生まれ、エアコンからの暖かい風が循環しやすくなります。

加えて窓ガラスや窓枠への結露が抑えられます。結露を放っておくと、カビが発生し、その胞子が空気中を漂うことになります。東京は乾燥しがちな地域で、結露とは無縁と思われるかもしれません。しかし、建物の構造や立地によっては、湿気がこもりやすいところもあるのです。

東京の寒い時期にこそ、エアコンでの室温管理はとても重要です。
エアコン工事でお困りの時には、エアコン専門業者のファミリーへお問い合わせください。

B横浜にお住まいの方へ。エアコンの取外しと取付作業にお困りではありませんか?

異常気象に見舞われた今年の夏は、エアコンがフル稼働だったというご家庭も多いでしょう。連続稼働をさせたエアコンも、10月、11月と稼働させる機会はなかったことと思います。

気づけば、カレンダーは2018年最後の月、朝晩の冷え込みも一段と厳しくなってきました。それでもまだ、朝の冷え込みはそれほどでもないと思える日もあります。

日中の冷え込みがまだ厳しくない今だからこそ、エアコンの試運転を済ませておきましょう。エアコン内部のクリーニングを依頼されるのであれば、1月を除いては月初めがお勧めです。

万が一試運転の段階で、なんらかの異常が見られた場合には、すぐにでも購入店か専門業者へ連絡をしましょう。年末はメーカー側もお休みとなるため、予想していた以上に修理期間が長くなってしまう可能性があります。

「使用年数もそれなりに経過しているし、ボーナスも少しは入ってくるから、新品を購入しようかな?」とお考えであれば、セール期間やポイント還元アップ、キャッシュバックキャンペーンなどを利用するのがお勧めです。

エアコンはリサイクル対象家電となるため、不要となったエアコンは料金を支払って業者に買い取ってもらうことができます。しかし、そこはもっと賢く、中古買取サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

当社では、中古エアコンの買取も行っています。比較的新しい製造年で美品であれば、買取金額は高額になる可能性があります。現金が手元に残れば、新品の購入費用の一部に充てることができますよね。割引分などを含めても、全体の出費を抑えることができます。

買取と合わせて、取外しと取付工事を同一業者に任せてしまう方が、作業はスムーズに進みますよ。

これまで使用していなかった機能が追加されたエアコンを購入した場合、予想外の工事が発生する場合もあります。エアコン専門業者である当社にお任せくだされば、急な工事にも柔軟に対応させていただきますので、安心ですよ。

C失敗しないエアコン工事業者の探し方〜横浜編〜

もし今お使いのエアコンが突然動かなくなったり、異臭がしてきたりしたら、どちらに連絡をされますか? 最も多いのは、購入した店舗へ連絡することだと思います。

メーカー修理は純正品による部品の交換となるため、修理費用はそれなりにかかりますが、さらに延長保証がつけられたり、パフォーマンスが改善するなどの恩恵を受けることができます。

最近では、大型家電もインターネット通販で購入される方が増えてきました。ジャパネットやショップチャンネルなどのテレビショッピングで、購入する方もいらっしゃるでしょう。

テレビショッピングでは、修理専用のフリーダイヤルなどを設置して、対応にあたってくれるところがほとんどですが、インターネット店舗の場合は、メーカーへの直接連絡や専門業者を探すことになるでしょう。

そんな時は、高額で日数もそれなりに要する可能性のあるメーカー修理よりも、無料で見積もりを算出してくれて、数日以内に来てくれる専門業者の方を選びたいと思いませんか?

業界では、無料見積もり、キャンセル費用なし、アフターフォローがつくのは当たり前となっています。工費の価格比較はインターネットで簡単にできますし、口コミサイトによる評価の比較も重要なポイントです。

エアコンのファミリーの無料見積もりは、ホームページのフォームよりお客様ご自身に入力いただいた内容や、お問い合わせいただいた内容をもとに作成しています。現場での実際の状況を見ながらの見積もり算出にも対応していますので、お客様にご負担なくエアコン工事を検討していただけると思っております。

横浜、川崎、東京、湘南の一部地域に限定してのサービスを展開しており、専任の担当者がお客様のエアコンを担当させていただきます。地域密着型の精鋭ぞろいでサービスを行っておりますので、ご要望やご意見などは率直にいただければ嬉しいです。