本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632


    お客様へのページ

              (70)

@東京でエアコンの取付、効かない原因は?

温暖化の影響で、地球規模で夏の暑さは年々酷くなっています。そんな時に、エアコンが効かない、冷えない状況になるとそれこそ命にも関わる大問題です。エアコンが効かない、冷えない原因をみていきましょう。

まず、エアコンによって室内の温度が変わるのは、エアコンが室内の空気を吸い込み、エアコン内部にある熱交換器を通ることで温度が変化するという仕組みになっています。

吸い込んだ空気を冷やす機能は、冷媒と言われます。冷媒の働きによって、エアコンが効くか効かないかが決まります。

冷媒が働きにくくなる原因は、部品が故障していることで起きることがあります。

例えば、
冷媒を送り出すコンプレッサーの故障
冷房と暖房の経路を切り替える電磁弁の故障
エアコン内部の温度を察知するセンサーの故障
など。

これらの部品交換や修理で直らない場合は、室外機周りの環境によることも考えられます。

例えば、室外機の吹出し口が物でふさがれている場合。

室内の暑い空気を室外機の外に出すのですが、吹出し口に物が置いてあると、暑い空気の逃げ道が閉ざされ、空気が冷やされないまま、室内機を通り部屋に流れます。

機械の故障を疑う前に、室外機の周りを確認してみましょう。

室外機の置かれた環境によっても、エアコンの効きは左右されます。

直射日光にさらされたところに置かれている場合は、エアコンの効きがとても悪くなります。高温の環境に置かれると、冷媒の熱を放熱することができないので、冷やした空気を室内に送り込むことができません。

これは、故障ではないので、直射日光を避けるちょっとした工夫で改善できます。

例えば、室外機の近くにすだれをかけて影を作る。他には、室外機の吸出し口をふさがない程度に、植物などを置き日陰を作るとよいでしょう。

汚れが原因でエアコンが効かないこともあります。

室内機、室外機共に内部に汚れがたまっていると、中の循環が悪くなり、空気を冷やすことができなくなります。定期的なエアコンのクリーニングが必要ですね。


A横浜でエアコンの取付、効率よく効かせる方法は?

エアコンの効いた空間は快適です。夏場はほぼ付けっ放しなので、後から来る請求が怖いですね。そこで少しでも効率的にエアコンを使って、節電できるよう工夫しましょう。

・まず室温設定は、28℃くらいに。
キンキンに冷やしすぎないよう、はじめから少し高めの設定にしておきましょう。冷やしすぎは体にも負担をかけてしまいます。手足が冷たくなるくらい冷やすと、体の循環が悪くなります。高めの温度設定は、かなりの節電にもつながります。

・エアコンの電源オンオフに気をつける。
エアコンは運転開始のときに電力を使います。節電のつもりで、エアコンを付けたり切ったりと、まめに電源のオンオフを繰り返すのは電力を使い、とてももったいないです。部屋全体が涼しくなってきたら、オンオフを繰り返すのではなく、温度を高めに設定するなど、温度で調節すると効率よくなります。

・部屋が冷えるまでの風量設定は、自動運転に設定する。
温度が一定になってからは、微風や弱風でもよいですが、最初から弱い設定にしていると、部屋が冷えるまでの時間が長くなり、無駄に電力を消費してしまいます。自動運転に設定すると、部屋の温度が設定温度に下げるまでの間エアコンが効率よく運転します。風量調節は、温度が安定してからにしましょう。

・風量調節は体感温度にも影響する。
同じ温度のままでも、風量を強くすると涼しく感じます。温度を下げるよりも風量を強くする方が電力が少なくて済みます。暑いなと感じたら、風量を強くしてみましょう。

・扇風機と併用する。
部屋の温度は一定ではありません。扇風機を使って空気を回すと、エアコンで冷やされた空気が効率的に部屋の中を循環します。冷たい空気は部屋の下にたまりやすいので、エアコンの風向き設定は、水平がおすすめです。

・部屋の換気をしてから、エアコンをつける。
外から帰宅した時、締め切った部屋は外よりも暑いことがあります。その際は、いきなりエアコンをつけずに、窓を開けて換気してからエアコンをつけた方が効率的です。

ちょっとした工夫でエアコンを効率的に効かせることができます。参考にしてみてくださいね。

B東京で中古エアコンの買取!年式が古くてもまずは相談しよう

引越しやエアコンの買い替えの時、古くなったエアコンの処理はどうすればいいか?悩みますよね。
新しいモデルなら高価買取も期待できますが、年式が古いものだと処分費も高くつくこともあります。でも、捨ててしまう前にまずはエアコンの買取業者に相談してみましょう。

買取業者の中には、年式が古いものでも、予想以上に高価買取してくれるところもあります。
その際の業者選びのポイントは以下の4つ。
・エアコン専門の買取業者である
・無料見積もりをしてくれる
・対応が早い
・出張査定してくれる

エアコンは高い買い物です。いつか使うかもしれないから家に置いておくのもよし、エアコンを必要とする友人にあげるもよしです。が、今使わないということは、不要だということ。売らずに置いておいて、後々に売ることになった時には、使っていないのに年式だけが経っている状態だともったいないことになります。

使わないエアコンは早めに売る決断が賢いです。まずは、エアコン専門業者に無料査定してもらいましょう。

中古エアコンの買取の基準は、製造から5年以内であることが一般的とされています。もちろん新しくて状態が良い物の方が、値段は高くつくのですが、年式が古いものでも、高額の査定がつくのには理由があります。

例えば、日本製は性能が良いので、海外で再利用されます。製造から10年のものでも十分価値があります。

また、そのままの状態で使えなくても、エアコンの中にはエアコンラジエーターというものがあります。このラジエーターは、アルミニウムと銅でできているので、金属として価値があるものです。その量は、室内機の約2割、室外機の約1割の重さ分あります。年式が古くても、エアコンとして使えなくなっていても、取り壊して分解すれば、リサイクルして使える価値のある金属です。

中古エアコンの買取を依頼する時には、取り外し作業も同時に依頼しましょう。外すだけといっても、配管処理やガスのポンプダウンなど専門知識と技術が必要です。

価格の確認をしっかりすることが大事です。買取価格に取り外しの価格や運送費が含まれているかどうかの確認も忘れずしましょう。

東京で中古エアコンの買取をするには、まずはエアコンのファミリーにご相談ください


C川崎でエアコンの工事、音が気になる場合は?

エアコンの音が気になることはありませんか?
エアコンは、機械の中でファンが回っているので、多少の音がするのは仕方がないです。が、「ブーーン」とあまりにうるさいようだと、早めに原因を探った方がいいですね。昼間だとあまり気にならなくても、深夜の音は睡眠妨害になりますし、ご近所にも迷惑がかかります。

「ブーーン」「ガガガ」などエアコンの音は、いろんな原因が考えられます。

例えば、
・室外機の中でファンが回る音や振動している音
・室外機裏のフィルターに汚れが付いていること
・排水ホースにゴミが詰まっている
・エアコン内部の水がうまく排出されていない
・フィルターが外れている
・フィルター掃除が必要
・室外機の周りに物が置いている
・室外機や室内機の故障の前触れ
・部屋の大きさとエアコンの大きさが合っていない
・エアコンが古くて劣化している
などです。

エアコンの音がうるさいと故障を疑いますが、修理に出すとなるとけっこうな費用がかかります。まずは、自分でできる対処をしましょう。

例えば、室外機の振動による音の場合は、室外機と接触している地面の間に「防振ゴム」を挟むと振動音が抑えられます。防振ゴムはホームセンターで売られているので、自分でも簡単にできます。

しばらくお手入れをしていないというのであれば、フィルターの掃除を丁寧にしてみましょう。フィルターを外して汚れを掃除機で吸い取ってから、歯ブラシを使って水洗いをします。しっかり乾燥させてからフィルターをカチッとセットします。単純にほこりや汚れが原因で音がすることがあります。

機械内部のほこりや汚れが原因の場合、クリーニングをすることで騒音対策できることがあります。

フィルター掃除など自分でできることならよいですが、室外機や室外機の内部ならエアコン専門業者にクリーニングの依頼をしましょう。費用はかかりますが、分解洗浄で機械内部が徹底的にキレイになりエアコンが生まれ変わります。騒音が解決するだけでなく、エアコンの効きもよくなり節電にもつながります。

クリーニングはエアコンのプロ、エアコンのファミリーにおまかせください。