本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632


    お客様へのページ

              (71)

@横浜でエアコン取付の際に中古エアコンを買取してもらうには

新しくエアコンを買った場合とか、引っ越しでエアコンを持って行けない場合など、中古エアコンの処分はどうすればいいのでしょうか。実は、中古エアコンは専門業者に買取を依頼すれば、すぐに買い取ってもらえます。中古エアコンを処分すると処分費用を取られてしまいますが、買取業者に買い取ってもらえば、費用を払うどころか逆にいくらかのお金をもらえるので断然お得です。

もちろん、買取してもらうならできるだけ高く買い取ってもらいたいものです。では、買取業者に高く買い取ってもらうには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

エアコンの買取価格は、汚れや傷のほか、臭いの有無も影響します。タバコを吸う人やペットを飼っている人の場合は、エアコン内部にタバコやペットの臭いが、染みついているケースが少なくありません。このような臭いがあると除去しなければならないため、その分だけ買取価格が下がってしまいます。

また、エアコンの品番や製造年数も買取価格に影響します。品番とはモデルのことですが、人気のあるモデルなら、多少古かったり傷があったりしても高く買取してもらえます。ちなみに、年数は製造から5年以内でないと、高値で買取してもらうのは困難です。

これとは逆に、あまり有名なメーカーでなくても、年数がたっていなければ高値で買取してもらえる場合が多いようです。これは、モーターやコンプレッサーなどの主要部分が、年数がたつと劣化してくるからです。このほか、エアコンのフィルターが汚れていると高く買取してもらうのは難しくなるので、買取に出す前にフィルターを洗っておくことをおすすめします。

また、高く買取してもらうには、エアコンの説明書や付属品がすべて揃っていることが大切です。といっても、これらがないと買取してもらえないわけではありません。付属品の中では、リモコンは絶対にあったほうがいいでしょう。

エアコンがまだ保証期間中であれば、かなり高く買い取ってもらえますが、保証期間中であても保証書がないと査定は下がってしまいます。また、省エネタイプかどうかによっても、エアコンの買取価格が変わります。

A川崎でエアコンを取付したあとはカビ掃除を念入りに

エアコンの内部は常に水で濡れているため、カビが生えやすく雑菌も繁殖しやすい場所です。そのため、エアコンを取付けてある程度たったら、必ずフィルターを掃除するようにしましょう。もちろん、フィルターの掃除は定期的に行わないと、すぐカビが生えてしまいます。

エアコンの内部に多少カビが生えても、健康な大人であれば特に問題はありませんが、病気の人や高齢者、小さな子供がいる場合は気をつけなければなりません。幼児期にカビの影響を受けると、呼吸器系に障害が出たりアトピーなどになるリスクが高まります。また、呼吸器系に疾患のある人が家族にいる場合は、こまめなフィルター清掃が必要です。

エアコンにカビが生えているかどうか確かめるには、エアコンの吹き出し口やフィルターを見ればわかります。また、エアコンから吹き出す風に変な臭いがあれば、内部にカビが生えていると思っていいでしょう。ちなみに、カビはフィルターだけではなく、エアコン内部のフィンやファンにも発生する可能性があります。

ところで、エアコンのカビを防ぐには、どうすればいいのでしょうか。エアコンのカビ対策として有効なのが、冷房運転後に暖房か送風運転することです。エアコンを冷房運転すると、内部で結露して水が溜まります。

この水がカビの元なのですが、冷房運転後に暖房か送風運転すれば、エアコン内部の湿度が下がるのでカビの発生を抑えることができます。また、エアコンのカビ対策には室内の換気も大切です。エアコンにカビが生えると、吹き出し口からカビの胞子がまき散らされます。

胞子は部屋に浮遊して、またエアコン内部に取り込まれます。これを繰り返していると、いつまでたってもカビの発生を抑えられないため、部屋の換気をすることが必要なのです。また、部屋の中に浮遊する目に見えないほどのゴミやほこりは、エアコンに吸い込まれてカビを繁殖させる元となります。

そうならないために、天気がいい日には窓を全開にして空気を入れ替えましょう。外のさわやかな空気を入れることで、部屋に浮かんでいたカビの胞子も出て行きます。また、天気のいい日に窓を開けると、部屋の湿度を下げる結果になるので、さらにカビの発生を抑えられます。

B横浜のエアコン工事で気になる配管交換とは

エアコンを設置してから5年たつと、配管の交換が必要になってきます。もちろん、5年たつと必ず必要なわけではありませんが、5年目では大丈夫でも、6年目か7年目には間違いなく必要になります。配管の交換は、最低料金で行ってもらえることが多いのですが、配管に使われている銅は劣化しやすいために、早めの交換が必要になることも少なくありません。

ちなみに、5年以上使っているエアコンは、交換を怠るとガス漏れを起こす可能性があります。そうなってはエアコン自体が機能しなくなるので、早めに交換したほうがいいかもしれません。しかし、実際に交換すべきか検討すべき場面では、素人が見て交換が必要かどうか決めかねるのが実情でしょう。

そのため、詳しいことは信頼できる業者に見てもらって決めるのがよさそうです。配管の交換が必要かどうかは微妙な面もありますが、エアコンが移設された場合には必ず配管の交換や延長が必要になります。このとき、基本料金でやってもらえるのか、それとも追加料金が発生するのかは気になるところです。

基本的に、追加料金が必要になるのは、通常の工事ではできない部分が発生したときです。たとえば、エアコンを移設するのが木造の家で、穴をあけるのに特殊な工具も技術も必要なければ基本料金で収まりますが、壁がコンクリートで特別に貫通工事が必要になると、追加料金が必要になります。そのため、基本料金内で収めたいなら、あらかじめ業者に現場を見てもらって、見積もりを出してもらうことをおすすめします。

業者とのトラブルで一番多いのは、基本料金でできるのか、追加料金が必要なのかという点です。これに関しては、「言った、言わない」といった問題や、「聞いた、聞いてない」などのトラブルが起こりがちです。

そのため、工事の前にできるだけ書面で、しっかり確認を取っておくことが大切です。また、工事業者の中には配管交換が必要ないのに、何かと理由をつけて工事をさせようとする業者もいるので、十分注意しましょう。

東京でエアコン工事をする前に確認しておくこと

Cエアコン工事の前には、必ず電源容量を確認しておきましょう。
家庭用のエアコンの電源は100Vか200Vですが、どちらかによってコンセントの形が変わります。このため、コンセントの形状が合わないと、追加で工事が必要になり、その分余計に費用がかかります。

このため、新規にエアコンを設置するときはもちろん、エアコンを別の場所に移設する場合も電源の確認は必須となります。では、どうやって確認すればいいのでしょうか。電源については、エアコンの室内機の横か、下側に書いてあることが多いので見てみましょう。

通常、14畳以上の部屋に使うエアコンは200Vであることが多く、12畳以下の部屋なら100Vの場合がほとんどです。ちなみに、エアコンには別電源を使用することが多いのですが、もしエアコン用の電源がなく、新たに工事が必要になる場合は追加費用が必要になるだけでなく、場合によってはその日のうちにエアコンが使えないこともあります。こういったことを事前に把握していないと、業者との間でトラブルになることがあるので十分注意しましょう。

業者とのトラブルで一番困るのは「言った、言わない」という問題や、「聞いた、聞いてない」と言った問題です。このような行き違いを防ぐためにも、書面を元に話を詰めていく必要があります。エアコン工事の際に起こりがちな問題のひとつに、配管設置のトラブルがあります。

具体的には、配管の長さの不足によるものが多いのですが、配管の長さが基準を超えると追加料金が発生します。ここで問題となるのは、見積もりの際には基本料金で済むと言っていたのに、実際に工事をしてみると追加料金が発生するようなケースです。なぜこのようなトラブルが起きるのかと言いますと、業者が現場を見ないで電話だけのやりとりで、配管が〇メートルと依頼者が言ったのを鵜呑みにして、見積もりを作成するとこのような結果になりがちです。

このケースで問題となるのは、「確認不足」ということになります。そのため、トラブルを起こさず、スムーズに工事を進めるためには、書面を元にした交渉が重要となります。