本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632


    お客様へのページ

              (76)


@エアコンの取付後、東京でカビ発生の原因は?

エアコンをしばらくつけずに放置して、久しぶりに付けるとカビ臭い、臭いが気になる、ということがあります。臭いがしなくても、しばらく使わないと内部にカビが発生していることも。また定期的にエアコンを使用し、フィルター掃除をしていたとしても、見えないところや掃除が行き届かないところにカビが発生していることもあります。

エアコンは、温風や冷風を部屋に流して温度を調節する機械です。機械内部から空気が出て部屋の温度調整をするのですが、その空気が臭うということは、内部にカビやホコリが溜まっているということ。カビ臭いのは不快ですし、カビの混じった空気を吸うことは体にもよくありません。

そもそも、エアコン内にはなぜカビが発生するのでしょうか?カビは湿気のあるところや水分が多いところに発生しやすいですね。例えば、お風呂場、洗面まわり、窓付近など。部屋の壁に設置され、屋外と屋内の温度を調節するエアコンは、カビが発生しやすい環境にあります。その要因は、「温度、湿度、ホコリ」などです。

カビが発生しやすい温度は25度?35度と言われています。湿度は、80%。ホコリは、カビが繁殖するためのエサになります。

25度?35度というと、温かい部屋の温度。80%の湿度は、エアコンを運転した際に、エアコン内部で熱い空気と冷たい空気が混ざり合うことで水滴が発生した時の湿度がこのくらいです。エアコン運転中は、部屋の空気をエアコン内部に取り入れ循環させるため、空気中にあるホコリもエアコン内に入ります。家の中のホコリや、汚れが空気と共にエアコン内に入るとカビのエサになり繁殖してしまうのです。

定期的に掃除していると、カビの繁殖は抑えられます。自動掃除機能が付いているエアコンなら、前面パネルにあるフィルターは自動清掃してくれますが、それだけではカビの発生は防げません。フィルターの奥にある熱交換機、送風ファンやドレンパンと言われる水滴を受ける皿部分を定期的掃除しておくと、カビを抑えることができます。


Aエアコンの中古買い取り、東京で見積もりする際の注意点は?

不要になったエアコンを処分するには、処分費用がかかります。エアコン一台につき、室内機と室外機があり、取り外し代金と引き取りの配送費がかかります。まだ使えるエアコンであっても、処分となるとただただお金がかかってしまうので、中古買い取りの検討をおすすめします。

エアコンの中古買い取りは、エアコンの大きさ(容量)や経過年数で査定され、金額は大きく変わります。エアコンの容量は、6畳用、10畳用、12畳、14畳、20畳用というように、対応する部屋の大きさで変わります。

6畳用や10畳用といった容量が小さいエアコンほど、個室に設置しやすいですが、元々の価格が比較的買いやすい金額なので、買い取り価格も安くなります。

12畳用と14畳用は、容量が小さい中でも、パワーがあり使いやすいということで、一番ニーズがあるエアコンです。エアコンの状態が良ければ高値も期待できます。

一般的には、買い取りされるエアコンは製造年から5年以内とされていますが、エアコンの状態によっては、10年以内の物でも買い取ってくれる業者もありますよ。

エアコンの買い取りは、リサイクルショップやエアコン専門業者に見積もりを依頼することからはじめます。その際、次の情報が必要なので、事前にまとめておきましょう。

・メーカー品番、型番
・容量(何畳用)
・製造年
・取り付け情報
・メーカーの保証書の有無
・リモコンの有無、状態
・取り扱い説明書の有無
・取り付け状況
・汚れなど外観
・臭い(タバコ、ペット)

これらの情報があれば、ネットで簡単な見積もりもできます。ネットなら複数の業者を比較見積もりできるので便利です。

室内機や室外機の金額だけでなく、エアコンの取り外し費用や運送費用が入っているかについても必ず確認しておきましょう。

リサイクルショップで中古エアコンの買い取りをしているところは少なくないですが、取り外しや輸送を外注しているところが多いです。エアコン専門業者なら、買い取りから

B横浜でエアコンの取付後、騒音が気になる時の対処法

エアコンを取り付けたものの、室外機の音が気になる…ということはありませんか?多くの場合、エアコンのモデルが古いことが原因です。技術がどんどん上がり、最新とまで言わなくとも、この10年以内の機種であれば、静音設計になっています。それ以上前の機種であれば、室外機から多少音がしても仕方ないかもしれません。

本体の部品の劣化や経年劣化で室外機から音がするようになることもあります。エアコンの耐用年数は約10年とされているので、室外機の音が以前よりうるさいと感じたら、一度製造年を確認してみるのもひとつ。10年以上経っていたら新しいエアコンを買い替える良いタイミングかもしれません。

経年劣化ではないのに、音が気になる…という場合はいくつかチェック項目があります。例えば、お手入れを怠っていたために騒音が発生することも。エアコン本体=室内機のクリーニングは自動であったり、手動でもすることが多いかもしれませんが、室外機はどうでしょうか?

屋外に放置された室外機は、雨風にさらされ、ホコリや汚れが蓄積しやすい環境にあります。汚れをため込んでいると、空気を取り入れたり排出したり、という室外機の役割がうまく作動できていないかもしれません。内部まで開ける必要はないですが、定期的にお手入れするといいですよ。

室外機は外気にさらされているので、葉っぱや木の枝がへばりついていたり、虫やクモの巣が付いていたりします。これらは、ほうきや雑巾で簡単に取れるのでさっと掃除をしましょう。空気の出入口の網状のところは、汚れがたまりやすく落ちにくいのでスポンジや歯ブラシを使うといいでしょう。裏側や側面なら金属盤は、掃除機の先にブラシを付けて汚れを吸い取るといいですよ。また水分を排出する水抜き穴もキレイにして、穴が詰まらないようにしておきましょう。

エアコンの騒音は、室外機のお手入れでおさまることもあります。忘れがちな室外機のお手入れですが、定期的にしておきたいですね。

C引っ越しの際のエアコンの工事は、横浜の専門業者にお任せ!

エアコンの取り付けは工事なので、設置の際エアコン専門の業者に依頼するのがおすすめです。一見当たり前のことのようですが、意外と知られていないことかもしれません。

例えば、引っ越しの際、今のエアコンを新居に持っていくという場合はどのようにしているでしょうか?まず、引っ越し業者が引っ越しの見積もりにやってきます。引っ越し業者は、運送業者なので、引っ越しの際にエアコンを運びますが、運送業としての仕事はただ「運ぶだけ」です。

エアコンを新居に運ぶためには、引っ越し前にエアコンを「取り外す」必要があります。これは、運送業である引っ越し業者がすることではなく、エアコン専門の工事業者がする仕事です。そして、新居にエアコンを運んだ後の取り付けも、エアコン業者の仕事です。

普通に引っ越しの見積もりをすると、エアコンの工事費用(取り外しと取り付け)も価格に含まれていることが多いですが、出来ればエアコンは引っ越し業者に委託せず、自分で直接エアコン業者を探して依頼する方が良いです。

というのも、引っ越し業者もエアコンの工事についてはエアコン業者に依頼するからです。引っ越しの見積もりにエアコン工事を入れてしまうと、引っ越し業者を介す分、どうしても料金が上乗せされてしまうので、自分で直接手配した方が安くなります。

それだけでなく、引っ越し業者はエアコンの専門家ではないため、エアコンの工事費が正確に出せないのも事実です。引っ越し業者が見積もりを出しても、実際にエアコン工事の作業段階になったとき、現状の部品のままで設置できるのか、新しいホースに替える必要があるかないか、電圧を変えなければならない場合など、その場合の実質かかる価格については、工事担当者でないとわからないのです。

当日の工事時間についても、直接アポイントを取った方がきめ細かく対応してもらえる、というメリットもあります。事前に正解な工事内容や価格なども分かるので、エアコン専門業者に直接依頼するといいですよ。