本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632


    お客様へのページ

              (78)

@エアコンの中古買取の注意点と横浜での業者選びのポイント

新しいエアコンを購入したり、引っ越しでエアコンを処分することになった場合、まだ使えるエアコンなら中古買取という方法があります。エアコンの中古買取はエアコン専門業者に直接相談すると良いでしょう。新規で購入する場合には販売店に相談したり、引っ越しの場合には引っ越し業者に相談することもできます。

エアコンの中古買取については、いくつか注意点があります。エアコンは家電リサイクル法の対象商品なので法的な決まりに従う必要があります。中古買取や処分に出す場合は、次の点をチェックしておきましょう。
・買取に出す場合は、古物商許可証を持っている業者を選ぶこと。
・再利用できないエアコンは売ろうとしないこと。
・処分する場合は、一般廃棄物収集運搬業の資格を持っている業者を選ぶこと。

エアコンを中古買取に出す場合の、業者選びについてみていきましょう。ネットで業者選びをする場合には、各業者のホームページで「古物商番号」の記載があるかの確認をしましょう。買取実績や実際の買い取り価格が掲載されていれば、おおよその買い取り価格の参考になります。実績例やお客様の声などが多く出ていれば、より信頼できますね。

無料査定をしていることもポイントです。詳しい金額は実際に査定してみなければ、わかりません。査定が無料であること、仮予約した後でもキャンセル料がかからないことも大事なポイントです。予約した後でも、より好条件の業者が見つかることもありえますから。

買い取り価格だけでなく、エアコンの取り外し料金が無料なのか、有料の場合はいくらかかるのかが明確になっていることも重要で、最初に確認しておきたいことです。エアコンの中古買取は出張が基本なので、出張費用がかからないかどうかも確認しておきましょう。

エアコン業者は数多くありますが、できれば家から近い場所にある業者を選ぶ方が良いです。出張エリア内であっても、近い距離の方が運搬費がかからないため査定が高くなることがあるからです。

A川崎でエアコン工事の際、プロにお手入れ法を聞くのもアリ!

家庭でも一年のほとんどの時期に使っている、エアコン。エアコンを快適に使うためには定期的なお手入れが必要です。エアコンのお手入れは、専門業者に依頼することもできますし、自分でできることもあります。いずれにしても、エアコンの汚れの原因を知っておくと、お手入れの参考になりますよ。

エアコンはフィルターに汚れがたまります。エアコンの仕組みをみていくと、エアコンは部屋の空気を吸い込み、エアコン内部で空気の温度を変えます。その後、温度調整できた空気を部屋に出すという流れです。

最初にエアコンが部屋の空気を吸い込むとき、エアコンの入口にあるフィルターを通して、部屋のホコリも吸い込みます。エアコンの運転中は、部屋の空気を吸い込み、内部で温度調整して部屋に空気を出すということが繰り返されます。

ということは、エアコンをつけている間中、フィルターにホコリなどの汚れがたまっていきます。フィルターの汚れをそのままにしておくと、カビの発生や水漏れの原因になります。また電気代が高くなることあります。

部屋のホコリにはカビの胞子が潜んでいることがあるので、ホコリの付いたフィルターをそのままにしておくとエアコン内部でカビが大量に発生することがあります。カビが含まれた空気が部屋に充満すると、健康に害を及ぼすことも。フィルターが汚れているとエアコンの効きが悪くなり、冷房の場合は内部だけが冷えて大量の結露が発生することもあります。水漏れや電気代が上がる原因にもなります。

新しいタイプのエアコンなら、掃除機能も付いていて、お手入れの手間がかからないものもあります。フィルターのホコリは自動でとるシステムになっているのは便利ですが、ダストボックスにたまったホコリはこまめに処理する必要があります。

キッチンの近くにエアコンがある場合は、油汚れがフィルターにたまりやすいです。油汚れは自動では取れないので人の手でお手入れする必要があります。普段エアコンのお手入れ法を意識することは少ないかもしれません。エアコン工事の際に、プロにお手入れ法を教えてもらうのもひとつです。

Bエアコンの取付は時間に余裕がある日がおすすめ!東京で実際にかかる時間はどのくらい?

エアコンの取付を依頼した場合、アポイントの時間に幅があることが多いです。きっちりした時間の指定ができず、午前や午後といったざっくりした時間帯での予約になることがほとんどです。その理由はエアコンの取付作業が複雑で、一台あたりに時間がかかること。また実際に作業してみると、標準作業では完結せずオプション作業が発生することがあるからです。

エアコンの取り付けには、いくつかの工程がありかなりの作業量です。取り付けにかかる時間は、エアコン一台につき平均で90分と言われています。これは一番シンプルな作業である標準工事の時間です。

標準工事とは、エアコンを取り付けるために必要な最低限の工事作業のことで、次の内容が含まれます。
・エアコンの配管パイプの穴開け(一箇所)
・部屋の壁に室内機を設置
・室外機と室内機を繋ぐ配管パイプ接続
・ベランダや屋外への室外機設置
・エアコン内部の真空引き作業
・試運転

標準工事だけでは済まない場合、オプション作業が必要なこともあります。オプション作業には次のような内容があります。
・電源工事
エアコン専用のコンセントがない場合のコンセントの増設や、エアコンプラグの形状が合わない場合の交換、電圧の交換など
・穴開け
特殊な素材の壁や壁の穴が開きにくいときの穴開け工事
・配管延長
室外機と室内機を結ぶ配管の長さが4mを超える場合
・隠蔽配管
配管を壁や天井の中に埋めて見えないようにする工事
・化粧カバーの設置
配管を化粧カバーで覆って、見栄えをよくする
・特殊な室外機の設置
室外機を壁掛けにしたり、屋根の上に置くなど特殊な方法で設置
などがあります。

オプション作業が一つ増えるごとに、30分から1時間作業時間がかかるとのことです。引っ越しシーズンやエアコン需要が始まる季節の変わり目などの繁忙期には、一日に複数件の取付があると、少し作業変更が発生しただけで時間がズレていきます。エアコン取付を依頼する際は、こちらも時間に余裕を持っておきたいですね。

C春は東京でエアコン工事を依頼するおすすめ時期!

エアコンは暮らしに密着した家電です。一家に一台という時代もありましたが、今では家の各部屋にあるのが当たり前になっています。エアコンの使用についても、なんらかの機能を使っていることが多く、一年のうち、エアコンを全く使わないというときはほとんどないかもしれません。

エアコンの寿命は10年くらいと言われていますが、同じタイミングでエアコンを購入した場合、使えなくなるのもほぼ同じタイミングということになります。エアコンを購入する際に必要なのは、本体代だけでなく、設置するための工事費がかかります。エアコン自体が値の張る買い物な上に工事費用がかさむとかなりの負担になります。少しでも価格を抑えたいですね。

エアコン工事にかかる費用というのは、実は時期によって全然違います。エアコンは季節商品だからです。ほぼ一年中使っているとは言え、エアコンがないと耐えられない時期と言えば、夏の猛暑期と冬の極寒期ですね。この2つの時期に入る直前、というのがエアコンを購入する人が多く、工事費が高くなる時期です。

エアコンを買う予定があるなら、工事費が高い時期を外して、なるべく低価格で工事できる時期を賢く選びたいですね。ポイントはオフシーズンに取り付けることです。

そういう意味では、春にエアコン工事を依頼するのは狙い目です。春は引っ越しシーズンということもあり、エアコン業者もキャンペーンをしているところも多いです。エアコン購入とセットで、工事の早割キャンペーンをやっていることもあります。

エアコンが必要な時期より早めに購入すれば、工事の早割を受けられるので費用が抑えられますね。ピーク時に比べるとお客さんも少ないので、工事の日程的にも希望が通りやすいというメリットもありますよ。

まずはネットで複数のエアコン業者を探し、見積もりをとってみることをおすすめします。比較サイト等で一括見積もりなどの便利なサービスもあるので、活用してみるのもいいですね。