本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632


    お客様へのページ

              (80)

@エアコンの取付、東京で室外機を設置する理想的な条件とは?

エアコンの取り付けで、室外機の設置場所はとても大事なポイントです。室外機の設置場所によって、エアコンの効きは大きく左右され、それにより消費電力も変わります。効率よくエアコンを使うために、室外機の設置場所を決める上で気をつける5つのポイントを見ていきましょう!


@室外機が水平に置けること
エアコン運転中、室外機は常に振動しています。設置場所が水平でないと、振動が大きくなったり騒音を発することがあります。水平な場所に置くと、振動を最小限に抑えることができます。もし、傾斜のあるところに設置する場合は、専用の架台を使って室外機の土台が水平になるようにするといいですよ。


A室外機の周りにスペースがあること
室外機の周りは、空気を循環させるために通気スペースが必要です。例えば、冷房運転中は、室内機からの熱い空気を外に出します。スペースがないと、熱い空気が室外機の周りに滞留し、冷房効率が悪くなります。電気代を最小限に抑えることにもなりますので、各エアコンメーカーが推奨する、通気スペースを参考にしてみてください。

B直射日光に当たらないこと
できれば、日陰に設置するのがおすすめです。冷房運転の際、直射日光の当たる場所に室外機があると、室外機本体が温まるため消費電力が多くなり冷房効率が悪くなります。日光が当たる場合は、室外機に日除けカバーをするのがおすすめです。


C室内機との距離が離れすぎていないこと
室内機と室外機は、配管を通じて空気を送ります。室外機で調整した空気を、適切な温度を保ったまま送るためには、距離が近いほどよいことになります。


D雨ざらしにならないこと
室外機は外に設置することが前提なので、基本的には雨にも強い構造ですが、長期的に見ると雨ざらしにならない方がよいです。ネジのサビなどが原因で、室外機の内部に雨水が入り込むことがあります。日除け同様、雨ざらしにならない工夫をするといいですね。

室外機の設置場所によってエアコンの性能が変わります。是非参考にしてみてくださいね。

A横浜で業務用エアコンを処分するには?中古買取がおすすめ

お店やオフィスで使用していたエアコン。業務用のエアコンは家庭用に比べ、大きいタイプになります。閉店や移転に伴い、現行のエアコンが要らなくなった場合はエアコンを処分する必要があります。エアコンの処分方法は、リサイクル法という法律に従わなければいけません。処分を考える前に、まずはエアコン専門業者に相談して、中古買取という方法も検討してみてはいかがでしょうか?

家庭用のエアコンと同じく、業務用エアコンであっても買取価格で高値がつくのは、製造から5年以内のものというのが一つの目安です。ただ、業務用エアコンに関しては、家庭用のものとまた少し事情が変わります。飲食店などのリアル店舗の場合、地域によっては入れ替わりが激しいこともあるためです。

お店の形態によっては、最初から店舗費用に当てる余裕がない場合などは、新規オープンの際でも、お店に必要なものを中古でまかなうこともあります。特に業務用エアコンは大きい分、新しい機種となると高額になるため、中古エアコンの需要があります。製造から10年経っている、という場合でも、まとまった買取価格がつくことも多々あります。

リサイクルに出す電化製品が他にもある場合は、できれば一つの業者に依頼したいですね。家電買取店やリサイクルショップなら、エアコンも含めた家電をトータルに出すことができます。ただ、エアコンは取り外し工事が必要なため、面倒でもエアコン専門の業者に依頼するのがおすすめです。

業務用エアコンを処分する際は、まずエアコン業者に無料査定を依頼します。その際、できるだけキレイな状態にしておくことがポイントです。傷や汚れが少ない方が良いですし、フィルターなどもキレイかどうかも買取価格に反映します。もし、エアコンに不具合がある場合でも、業者が自社で修理できる内容であれば、買取可能です。業務用の場合は、1台よりも同じ型のエアコンが複数ある方が、高価買取になることが多いです。複数台ある場合は、まとめて見積もりに出すと有利ですよ。


Bエアコンの取付、川崎で室外機設置場所がない場合の方法とは?

引っ越しなどで新しくエアコンを取り付ける時は、まず室内機と室外機をどこに設置するか決めなくてはいけません。室内機は、リビングルームや寝室などエアコンを使う頻度が高い場所であったり、室内に設置できる場所が決まっていることもあります。

次に室外機についてです。室外機は、ベランダなどの地面に置くことが多いですが、ベランダが狭くて置けなかったり、そもそも置く場所が無い、ということもあります。地面に置く場所がなくても、さまざまな設置方法があります。ここでは、5つの方法を順にご紹介していきます。是非、参考にしてみてください。

@天吊り
ベランダの天井に架台を取り付けて設置する方法で、ベランダの天井に天吊り用のボルトが取り付けられている部屋が対象です。宙に浮いた状態で設置できるので、周りに障害物がないため、通気性が良いのが特徴です。

A屋根置き
建物の屋根に専用の架台を置き、設置する方法です。ベランダがなくても取り付けることができます。

B壁掛け
建物の外側に専用の架台を取り付けて、そこに設置する方法です。この方法は、ベランダの無い部屋にも取り付けることができます。架台がある程度覆われるため、通気スペースが取りにくいというデメリットがあります。

C二段置き
室外機を重ねて二段置く方法です。一段目の室外機の上に架台をのせ、その上に設置します。室外機一台分の場所で二台置けるので、ベランダが狭い場合などの場所の節約にもなります。

D立ち下ろし
上の階で使用する室外機を、一階に設置する方法です。配管を一階から上層階に伸ばして使います。室内機との距離が離れている分、電気効率は下がりますが、一階にしか室外機を設置できない場合に有効な方法です。

それぞれの方法にメリットとデメリットがありますが、ベランダの地面に室外機を設置することができない場合でも、方法はいくつもあります。設置条件に合う方法を、エアコン専門業者に相談してみてください。
C二段置き
室外機を重ねて二段置く方法です。一段目の室外機の上に架台をのせ、その上に設置します。室外機一台分の場所で二台置けるので、ベランダが狭い場合などの場所の節約にもなります。

D立ち下ろし
上の階で使用する室外機を、一階に設置する方法です。配管を一階から上層階に伸ばして使います。室内機との距離が離れている分、電気効率は下がりますが、一階にしか室外機を設置できない場合に有効な方法です。

それぞれの方法にメリットとデメリットがありますが、ベランダの地面に室外機を設置することができない場合でも、方法はいくつもあります。設置条件に合う方法を、エアコン専門業者に相談してみてください。


C窓用エアコンは工事不要!東京での暑さ対策におすすめ

室外機を取り付けるには、いくつかの条件があります。室内機から近い距離の地面に置けなくても、上から吊るしたり、壁にかける、屋根に置くなど方法は色々ありますね。ただ、賃貸住宅などでは、壁に穴を開けることができないこともあります。室外機を設置する条件に当てはまらない、という時には「窓用エアコン」という選択肢もあります。

ウィンドファンやウィンドエアコンといった商品名で売られている「窓用エアコン」。名前の通り、窓に取り付けるエアコンのことです。室内機と室外機が一体化されたもので、室外機と送風機がセットになっています。一台で外気を取り入れながら空気を冷やし、室内に冷たい空気を送り込むという優れたシステムです。

窓用エアコンのメリットは、設置が簡単なこと。日本の住宅で使用されている窓に対応しているので、窓があればどこにでも設置できます。自分で取り付け、取り外しができるので、工事費用がかからないのも嬉しいですね。

デメリットは、冷風機が本体に内蔵されているので、普通のエアコンに比べて音がすること。もうひとつは広い部屋は冷やせないことです。小さめの部屋向きの仕様になっているため、寝室での使用がおすすめです。年々、夏の暑さが過酷になってきています。夜になっても、室温が下がりにくいので、エアコンを有効利用した暑さ対策、熱中症対策が必要ですね。良い睡眠を確保するために、寝室に取り入れてみるのもひとつですね。

窓用エアコン使用中は、窓の鍵を開けた状態になるので、防犯面と防虫対策が必要です。防犯面では、窓に補助の鍵をつけること。防虫面としては、隙間テープや窓パッキンを付けるなどの対策をしておきましょう。

窓用エアコンは、大掛かりな工事をする必要がないため、基本的には自分で取り付けることができます。ただ、重量がある本体を持ち上げるという作業を伴います。設置に不安があるよう場合は、迷わずエアコン設置業者に依頼すると確実ですよ。