本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632


    お客様へのページ

              (86)

@エアコン取付後、川崎での冬の省エネ法とは?

12月というと、いよいよ冬本番。川崎にも冬がやってきました。本格的な寒さに向けての対策が必要ですね。お部屋を暖かくする方法は色々あります。エアコン、ガスファンヒーター、ストーブなど。中でも、エアコンはお部屋全体の温度の調整ができる優れた暖房器具です。暖房費が高い、というイメージがあるかもしれませんが、使い方次第で暖房費を節約することも可能です。今回は家に取り付けてあるエアコンの上手な使い方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず、エアコンの設定温度について。暖房の場合、設定温度は20℃が最適と言われています。これは環境省が省エネの一つしての目安として推奨している温度です。1℃低く設定するごとに、10%節電できるとのこと。節電しつつ、快適な温度の20℃を意識して設定していきたいですね。

次に風向きについて。冬の暖房はつけっぱなしにしていると、段々と足元が寒くなることがあります。これは、暖かい空気が天井付近にたまってしまい、床の方に暖かい空気が届いていないために起こります。こんな時は、風の向きを変える必要があります。風向きを真下に設定してみたり、サーキュレーターを上向きに回して、暖まった空気を全体に流すようにすると効果的です。

エアコンはこまめにオンオフするよりも、つけっぱなしの方が、省エネになります。スイッチを入れてから、設定温度になるまである程度の時間がかかり、初動の消費電力が大きいのが特徴。例えば、1時間くらいの外出の場合は、つけっぱなしにしておくほうが良いとされています。エアコンの電源をオフにするかどうかは、1時間を目安にするといいですよ。もちろん、トータルの時間が短い方が消費電力は少なく電気代も低くなります。必要な時だけエアコンをつける、というスタイルが◎

エアコンだけに頼らず、部屋着もちょっと工夫してウォームビズを心がけましょう!暖かい部屋着を着る、女性の場合は足元が冷えるのでレッグウォーマーを付ける、ひざ掛けやストールなどの小物を活用するのもおすすめです。エアコン作動中でも、定期的に窓を開けて換気することは必要なので、外気が入ってきても寒くない服装を心がけたいもの。冬のエアコンを賢く使って快適なお部屋で過ごしたいですね。


Aエアコン工事後、横浜のカビ対策は内部クリーン機能で!

ひとつの機械で暖房と冷房の両方が機能するエアコン。現代生活では欠かせない優れた家電ですね。エアコンはプロによる工事が必要な家電ですが、取り付けた後はリモコンの操作でボタンひとつでいろんな設定ができます。冷房、暖房、除湿など部屋の温度を調整する機能のほかにも、お掃除や内部クリーンなどエアコンを快適に使用するための便利な機能も備わっています。今回は横浜でのエアコン工事後の、内部クリーン機能についてみていきましょう!

内部クリーンとは、エアコンの内部を乾燥させる機能のこと。この場合のエアコンとは、室内機のことです。冷房やドライ運転のあとは、室内機の内部が結露し、ジメジメと湿気のたまった状態に。このまま放置しておくと、室内機の内部が湿っているため空気中のホコリなどが付着しやすくなります。このホコリがカビの元、そしてニオイの元になります。一度カビが発生すると、汚れがたまりやすい状態になっているのでどんどん増殖します。室内機から部屋全体にカビの不快なニオイが広がり、咳が出るなど体へも悪影響を及ぼします。これを防ぐために、エアコンには内部クリーン機能が搭載されています。

内部クリーン機能は、送風や暖房運転によって室内機の内部を乾燥させます。この機能には、自動と手動の2タイプあります。自動の場合は、冷房運転が終了した後、すぐに内部クリーン機能が作動し、設定を解除しない限り運転終了後には毎回作動します。もし、冷房運転後に何の動きもない…という場合は、手動の設定になっているので、リモコンの内部クリーンボタンを押してみてください。

内部クリーンにかかる時間は、メーカーや機種、エアコンの大きさによっても変わりますが、だいたい90分くらいというのが多いです。最大でも2時間以内といったところ。気になる電気代はというと、1回につき約3円とのこと。1日1回として、30日で単純計算すると90円。この金額で手軽にカビ対策できるのは嬉しいですね。

内部クリーン機能を使っていても、エアコンのニオイが気になる…という場合は、すでにエアコン内部にカビが発生している可能性もあります。内部クリーンは掃除機能ではないので、フィルター掃除は自分でする必要があります。どうしてもニオイが気になるという場合は、エアコンのプロに依頼するのがおすすめです。

B横浜でのエアコン取付、業務用と家庭用の違いとおすすめポイント!

エアコンには、業務用と家庭用があります。基本的な構造や機能は同じですが、大きな違いは能力です。家庭用に比べて業務用は圧倒的にパワーがあります。家庭用のエアコンは最大3馬力。それに対して、業務用は10馬力まで対応できます。大きな電力で空調を整えるので、エアコンへの負荷がかかりにくくなっています。

また、業務用のエアコンは、1つの室外機で複数のエアコンとつなぐことができるというのも、大きな違い。室内機を天井に埋め込む天井埋め込み型や、天井から吊り下げるタイプのものもあります。凸凹がなく見かけがスッキリするだけでなく。壁や床を有効活用することができます。部屋のインテリアを重視するなら天井型、工事の費用が抑えられるのは壁掛けタイプ。横浜のオフィスなどで、複数の部屋にエアコンを設置する場合には、業務用エアコンの取付がおすすめです。お住まいによっては、業務用エアコンを住宅に設置する場合もあります。今回は、業務用エアコンについて選ぶポイントをみていきましょう!

業務用のエアコンと家庭用のエアコンでは、電源の種類も異なります。一般的な家電は、電圧の低い単相を使います。業務用の場合は、単相他に、三相も使います。使う電力量によってどちらを使うか変わりますが、単相と三相では契約する電力会社も変わります。

エアコンを選ぶポイントも少し違い、家庭用では部屋の広さで選ぶのが一般的。業務用の場合は、広さよりも部屋の用途、何に使う部屋かによって変わります。例えば、店舗のように人の出入りが頻繁にあり、ドアの開け閉めが多いという場合には、電力が大きいエアコンが必要です。オフィスなどでドアの開閉があまりない、という場合でも、パソコンや機械など多くの電気器具を使用するところでは、消費電力が大きくなります。

エアコン選びのポイントは、エアコンの持つ馬力です。使用する電源の種類でも、電気代が変わってきます。効率よく使えるエアコンは、使用する環境で違います。建物の熱源や構造なども関係してきて、とても複雑です。後々トラブルにならないためにも、豊富な知識を持ったエアコンの専門家にいる相談するのが一番。業務用エアコンの取付についてはエアコン専門業務にご相談くださいね。

C東京で賢くエアコンを中古買取する方法とは?

家電を処分するには法律で定められた方法があります。粗大ゴミで処分できる家電もあれば、家電リサイクル法に指定された家電4品目はリサイクル料金がかかります。家電4品目とは、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機のこと。これらの家電には、有用な資源が含まれていたり、オゾン層の破壊や地球温暖化につながるフロンガス、有害な鉛が含まれているため、法律に基づくリサイクルが必要です。

リサイクル法に指定された4品目については、ひとつひとつ決められたリサイクル料金がかかります。できれば処分する費用は抑えたいものですね。お金をかけずに処分する方法として、中古買取があります。中古買取の場合、製造年が5年以内などの年数の新しい家電や状態の良いものは高額の査定がつくこともあります。買取価格が安かったり、値段がつかなくても無料で回収してもらうことができれば、自分でリサイクル料金を負担しなくて済みます。

買取の査定については、まずは家電買取業者に問い合わせをしてみましょう。メーカー型番と年式が分かれば、電話での査定が可能です。「家電 中古買取 東京」でネット検索すると最寄りの買取業者が複数出てくるので、画面上で価格を比較することも可能。査定はどの業者でも無料のことが多いので、まずは検索してみるのがおすすめです。

中古買取をより有利にしてもらうには、まとめて出すのもポイント。引越しなどで家電の買い替えを予定している場合は、ひとつひとつ別で処分したり買取に出すよりも、まとめて査定してもらうほうが高額になる可能性があります。エアコン1台よりも、テレビや冷蔵庫などもまとめて出すと、業者の人件費や運送費などのコストが抑えられるため、買取価格にも影響してきます。価格がつかず処分費用がかかるものでも、無料で処分してもらえるかもしれません。

信頼できる業者を選ぶこともとても大事です。4品目の中でも、取り外しに手間や費用がかかるのがエアコン。中古買取の業者を探すときは、エアコンの専門知識があり取り外しができるか、取り外し費用を別途請求されないかどうかも確認しておきたいポイントです。業者選びに迷ったら、エアコン購入店舗に相談してみるのもおすすめですよ。