本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632



    お客様へのページ

              (89)

@横浜で取付けしたエアコンの効きが悪い?冷媒ガスの補充が必要かも!

横浜の自宅に取り付けたエアコン、最近エアコンの効きが悪いなぁと感じることがあれば、冷媒ガスの補充が必要かもしれません。エアコンは冷媒ガスで空気を調節しているので、そのガスが少なくなっているとエアコンの効きが悪くなります。今回は、冷媒ガスとその補充についてまとめてみました。エアコンの効きが悪いと感じたら、確認してみてくださいね。

冷媒ガスは、室内にあるエアコン本体と室外機をつなぐ配管の中を行き来して、室内の空気を循環させています。冷媒ガスは室内機と室外機を常に循環しているため、外に出ることはありませんが、なんらかの原因でガスが減ることがあります。冷媒ガスが減ると、室内の熱を運んで冷やしたり温めたりという動作がうまくいかなくなり、冷房や暖房の効きが悪くなるのです。

冷媒ガスが減ってしまうのは、劣化や破損などが原因です。長く使っているエアコンの場合、配管の接続部に亀裂が入っていたり、配管に穴が開いていたりすると、中の冷媒ガスが減ってしまいます。引越しなどでエアコンを取り付けた直後に不具合がある場合は、取り付けの際の工事ミスということも考えられます。取り付けてから1年以内の場合は、取り付けを担当した施工業者に点検を依頼するのもひとつ。保証期間内であれば、点検や修理を無料でしてもらえるかもしれません。エアコンの取付を依頼するときは、アフターケアの内容も確認しておきたいですね。

冷媒ガスの補充については、エアコンの専門業者に依頼するのが基本。ガス漏れとわかっていても、根本的な原因を追究する必要があるからです。エアコン本体の劣化による場合は、補充するだけでなく本体を修理する必要があり、修理がきかない場合は本体の買い替えに必要になります。

ガスの補充をDIYする方法をよく目にしますが、作業内容がとても専門的なため、手順を間違うと本体の故障につながる可能性もあります。専用の道具も必要になるので、DIYといっても費用を安く抑えられることもありません。冷媒ガスの補充にかかる費用は、エアコンによって変わります。室外機に貼られたシールでガスの種類を知ることができます。見積もりの依頼をするとき、確認してみてくださいね。

Aエアコン工事後、川崎でリモコンが効かないときの確認事項とは?

川崎では暑い日も寒い日も活躍するエアコン。エアコン工事が完了するとほぼ1年中といっていいほど、使用頻度の高い電化製品です。エアコンはリモコンのボタンひとつで操作できるスグレモノですが、リモコンが使えないとコントロールできないという難点も。今回はエアコンのリモコンが作動しない時の対処についてまとめました。

まず、リモコンが作動しないときに確認したいことについてみていきましょう。
@リモコンの電池が切れていないか?
入れっぱなしの電池は、使っていなくても消耗します。リモコンが作動しない原因として1番多いのが、単なる電池切れ。予備の電池はいつもストックしておき、リモコンが作動しないときはまず電池交換をしてみてください。電池を支えるバネと電池がしっかり接触していることもポイントです。

Aエアコンとリモコンの間に障害物がないかどうか?
リモコンは室内機にオンやオフ、運転内容の信号を飛ばしています。間に壁やカーテンなど、何か物体があれば信号が遮られ、作動しません。

Bリモコンの受信部を確認する
リモコンの1番上にある赤外線の部分が受信部です。ここに強い光が当たると、エアコンに信号が伝わりません。もし、直射日光が当たっている場合は、カーテンで光を調整してみてください。

Cリモコンの送受信部を確認する
スマホのカメラごしに、リモコンの送受信部を確認し、光がチカチカしていれば正常です。

Dラジオで確認する
リモコンをAMラジオに向けて、運転ボタンを押します。「ププッ」という音が出て反応があれば、リモコンは正常です。液晶画面が映らない場合は、リモコンのリセットボタンを爪楊枝など先の細いモノで押してみてください。

以上5点確認した上で、正常に作動しない場合は、リモコンが故障しているので修理か交換が必要です。金銭的には修理よりも新しいモノに交換する方が負担が少ないです。リモコン裏に記載されている型番をネットで調べると、対応したリモコンを見つけることができます。

エアコンの機種が古く純正のモノがない場合は、汎用リモコンを購入することもできます。取り寄せを待つ間は、スマホのアプリでエアコンのリモコンとして使えるものがあります。急ぎの場合はぜひ試してみてくださいね。
3.定期的に見直したいエアコンの取付状況!東京での地震対策とは?

地震大国の日本は、いつどこで大型の地震が発生するかわからないです。震度1や2くらいの軽い地震なら心配ありませんが、強い地震が発生した場合、家財道具の落下や倒壊の恐れがあります。テレビや本棚、食器棚などが倒れたり、冷蔵庫など大型の電化製品が倒れることもあります。部屋の上部に取り付けてあるエアコンは、よほどでない限りまず大丈夫ですが、大型の地震が来れば万が一ということも考えられます。今回は、東京でのエアコンの地震対策について、室内機と室外機それぞれの抑えておきたいポイントをまとめました。

エアコンは壁に直接取り付けているので、家具や他の電化製品と比べて落ちてくる可能性は低いです。が、エアコンの重みと地震の揺れで、エアコンを取り付けた壁ごと剥がれ落ちることもあります。エアコンを取り付けてから、かなり年数が経っている場合は、一度設置状況を確認してもらうと良いかもしれません。

エアコン設置の際、きちんと固定されていればまず落ちてくるということはありませんが、ネジなどの部品は経年劣化します。震度が低めの地震でも何度が続くと、ネジが緩んでくることがあります。もしエアコンと壁の間に隙間が出来ている場合は、ネジが緩んでいる可能性があるので、しっかり固定されているかどうかエアコン業者に点検してもらいましょう。

エアコンの室外機は、ただ地面に置いているだけでは、地震の際転倒する恐れがあります。転倒の衝撃で室内機と繋がっている配管が切れ、冷媒ガスが漏れることがあります。これに気づかずエアコンを作動させると、室内機内の部品が破損したり、エアコン本体の故障の原因にもつながります。

室外機を直置きしている場合は、ホームセンターなどで転倒防止用の金具が販売されているので、万一に備えて壁面や床面に固定しておくと安心です。室外機をベランダ上部や屋根置きにしている場合、落下してしまうと大怪我につながります。エアコン本体と同様に、専門業者に定期的に点検してもらうことをおすすめします。

地震保険に入っている場合、地震が起きたときは被害状況を写真に撮っておくことも重要です。証拠として残しておけば、満額でなくても保険の対象になることもあります。

B定期的に見直したいエアコンの取付状況!東京での地震対策とは?

地震大国の日本は、いつどこで大型の地震が発生するかわからないです。震度1や2くらいの軽い地震なら心配ありませんが、強い地震が発生した場合、家財道具の落下や倒壊の恐れがあります。テレビや本棚、食器棚などが倒れたり、冷蔵庫など大型の電化製品が倒れることもあります。部屋の上部に取り付けてあるエアコンは、よほどでない限りまず大丈夫ですが、大型の地震が来れば万が一ということも考えられます。今回は、東京でのエアコンの地震対策について、室内機と室外機それぞれの抑えておきたいポイントをまとめました。

エアコンは壁に直接取り付けているので、家具や他の電化製品と比べて落ちてくる可能性は低いです。が、エアコンの重みと地震の揺れで、エアコンを取り付けた壁ごと剥がれ落ちることもあります。エアコンを取り付けてから、かなり年数が経っている場合は、一度設置状況を確認してもらうと良いかもしれません。

エアコン設置の際、きちんと固定されていればまず落ちてくるということはありませんが、ネジなどの部品は経年劣化します。震度が低めの地震でも何度が続くと、ネジが緩んでくることがあります。もしエアコンと壁の間に隙間が出来ている場合は、ネジが緩んでいる可能性があるので、しっかり固定されているかどうかエアコン業者に点検してもらいましょう。

エアコンの室外機は、ただ地面に置いているだけでは、地震の際転倒する恐れがあります。転倒の衝撃で室内機と繋がっている配管が切れ、冷媒ガスが漏れることがあります。これに気づかずエアコンを作動させると、室内機内の部品が破損したり、エアコン本体の故障の原因にもつながります。

室外機を直置きしている場合は、ホームセンターなどで転倒防止用の金具が販売されているので、万一に備えて壁面や床面に固定しておくと安心です。室外機をベランダ上部や屋根置きにしている場合、落下してしまうと大怪我につながります。エアコン本体と同様に、専門業者に定期的に点検してもらうことをおすすめします。

地震保険に入っている場合、地震が起きたときは被害状況を写真に撮っておくことも重要です。証拠として残しておけば、満額でなくても保険の対象になることもあります。