本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632





    お客様へのページ

              (92)
@横浜で取り付けたエアコン、台風時は要注意!


梅雨の時期、同時に台風が発生することもあります。台風シーズンには雨戸を閉めたり、鉢植えを移動させたり、いろいろと段取りが必要ですね。意外と知られていないのが、台風時のエアコンの使用について。横浜で取り付けたエアコン、台風時の使用は要注意なんです。

台風のときは湿度が高く、部屋を閉め切っていると蒸し蒸しとしてとても不快です。エアコンの冷房運転や除湿機能を使うことが多いかもしれません。しかし、台風で強風が吹き荒れているときは、エアコンは使わないのが無難です。その理由は強い風が吹いているときにエアコンを使うと、室外機にとても負担がかかるから。室外機のファンに負荷がかかりモーターが故障したり、冷媒ガスが漏れるなどのトラブルの原因に。簡単な修理でなおることもありますが、ダメージが大きい場合には室外機の取り替えやエアコン本体の買い換えが必要になるという事態にも。

エアコンを使っているとき、室外機は熱を交換して熱風を外に送り出す役割をしています。台風の強風が室外機のファンに当たると強い衝撃を受けて、モーターが逆回転するなどが故障の原因です。

強風だけでなく、台風の大雨にも注意が必要です。通常、エアコンは内部に溜まった水を屋外にあるドレンホースから外に出しています。台風の強風に加え大雨が降っているときは、ドレンホースにある水が逆流して室内に戻ってくることも。室内に水が落ちてきたり、異常音が鳴ることもあります。

そこで、台風シーズンの前にはできる対策をしておきたいもの。例えば、室外機に専用カバーやブルーシートを付けて、内部に水やゴミが入ることを防ぐこともひとつ。室外機のカバーはそれぞれの機種に合ったものがあるので、メーカーと品番を確認して専用のものを付けるのがおすすめです。

台風の時の室内と外の気圧の差によって、エアコンからポコポコと異音がすることがあります。排出されるべき水がドレンホースにたまっていたり、ホース内に空気が溜まることで起こる現象です。機械の故障ではないですが、夜中などは気になるもの。ドレンホースに専用の逆流防止弁や防虫弁を取り付けておくと、音が鳴りません。

真夏など必要なときにエアコンが故障して使えない、という事態を避けるためにも、台風前の対策と台風時の使い方を気をつけておきたいですね。

Aエアコンの工事後、川崎で長く使う方法とは?

1台で冷房と暖房の両方の機能が備わったエアコンは、現代の暮らしに必要不可欠なもの。多機能な分、家電製品の中でも高価です。本体の価格が高いだけでなく、設置工事なども必要なのでできるだけ長持ちさせたいですね。今回は、川崎で工事後のエアコンを長く使う方法についてまとめてみました。

使用頻度が高いとその分消耗するということも事実ですが、全く使わないというのも問題です。真夏や真冬以外のオフシーズンに全く使わないで放置していると、いざオンシーズンになって久しぶりに電源を入れると動かない…ということをよく耳にします。数ヶ月使わないまま放っておくことは実は一番良くないので、エアコンを必要としないオフシーズンでも短時間、月1回くらいのペースで慣らし運転しておきましょう。オフシーズンには、室内機と室外機の両方に専用のカバーをかけておくのもおすすめ。中にほこりが入るのを防ぐことができますよ。

冷房、暖房、除湿や送風など多機能ですが、無理な使い方をすると寿命が短くなります。長持ちさせるには、エアコンの設定温度も大事なポイントです。運転開始時の設定温度と実際の部屋の温度の差を5度以内に設定すること。例えば、室温が30度なら、設定温度は25度にするなど。これよりも差が大きくなると、本体にかかる負担が大きくなります。暑い夏に早く部屋を冷やしたい、という場合には扇風機と併用するといいですよ。

エアコンは室内機と室外機の2台が連動することで機能します。部屋の外にある室外機について忘れがちですが、長持ちさせるためには室外機のケアも必要です。エアコンのスイッチを入れると、室外機がファンを回して排熱します。この排熱がうまくいかないと、効きが悪く機械にも負担がかかります。これは室外機の環境が大事で、周りに排熱を障害するものが置かれていないか、直射日光が長時間当たるところに配置されていないか、チェックしてみてください。室外機の周りには何も置かないようにして、直射日光が当たるようであればすだれをかけて日陰を作るなどの工夫を。

室内機については、まめにフィルター掃除をすること。室内のほこりを吸っているので、オンシーズンは週1くらいでお手入れすると本体にもよく、節電にも繋がります!

B部屋別に選ぶ!東京でのエアコン取付

快適な暮らしに欠かせないエアコン。各メーカーから毎年新しい機種が出ています。新しくエアコンを買い換える時にはどんな機種にするか、何を基準に選べばよいか?迷いますよね。エアコンは本体料金に加え、取り付け費用を入れるとかなりの高額に。新規購入の際には失敗しないエアコン選びをしたいですね。ということで今回は、エアコン選びのポイントをご紹介します。

まずエアコンを選ぶポイントとして、部屋の大きさとエアコンのパワーが合っていることが大事です。エアコンには畳数ごとに必要なパワーがあり、どの部屋にエアコンを設置するかによって選び方が変わります。12畳の部屋に8畳用のエアコンを設置すると、エアコンのパワーが足りていないので効きが悪く、常にフルパワーで運転することに。エアコン本体を安く手に入れたとしても、後々の電気代は高くつきます。エアコン本体にも負担がかかり、故障する原因にも。部屋の畳数だけでなく、建物が木造か鉄筋かによっても必要なワット数が変わるので、ここもチェックしておきたいポイントです。

畳数の次は、どんな用途の部屋で使うかということ。同じ広さであっても、リビングと寝室ではエアコンの選び方が変わります。リビングは人が集まるところ。人の出入りやドアの開け閉めなど頻繁にあると、空気の流れが変わり室内の温度も変化しやすくなります。キッチンと一体化しているリビングなら尚更のこと。調理で火を使うと温度が上がり、換気扇を回すと冷気や暖気が逃げてしまいます。こうしたリビングの環境を考えると、設置するエアコンは実際の畳数よりも大きめでパワーのあるものを選ぶことがおすすめです。省エネ機能付きであることや、細かな気流調整ができること、使用頻度が高いので自動掃除機能が付いている高機能なエアコンを選びたいですね。

次に、寝室のエアコンについて。寝室は気流の変化も少ないので畳数に応じたエアコンで十分です。夏の暑い時期など夜中につけっぱなしにするなど、長時間使用する場合には省エネ機能が付いたものを選びたいもの。また昼間と違い寝ているときに使うので、ちょっとした運転音が意外と気になることもあります。できるだけしない運転音がしない、静音運転タイプを選ぶといいですね。