本文へスキップ

お問い合わせは 0120-502-632
     222-0036横浜市港北区小机町328-3

 お客様とのページ 

                                   エアコンのファミリー
                       無料見積もり0120-502-632





    お客様へのページ

              (94)
@東京で取り付けたエアコンで快適な眠りを!

連日猛暑が続き、エアコン無しでは過ごすことができません。日中だけでなく、夜になっても厳しい暑さが続くので、ほぼ1日中エアコンの効いた室内にいることになります。今回は、東京で取り付けたエアコンを快適に使う方法として、寝るときのエアコンの使い方をまとめました。夏の夜を快適に過ごす方法、ぜひ参考にしてみてください。

人の体は体温が上がると汗をかいて体温調節するようになっていますが、高温多湿の環境では体温調節がうまくいかず熱中症になることも。熱中症は昼間の炎天下だけでなく、意外にも夜中の室内で起こることが多いようです。眠っている間の熱中症対策は、エアコンの冷房機能をうまく活用すること!コレにつきます。

冷房をつけっぱなしで寝るのは体によくない?と思われがちですが、体はある程度体温を下げることで、安眠できるような仕組みになっています。エアコンを使って部屋の温度を下げ、眠りに最適な温度までしっかり体温を下げる必要があります。

室温だけでなく部屋の湿度も重要な要素です。ジメジメした環境では汗が乾きにくく、体温が下がりにくいもの。快適な睡眠のためには、寝室の温度は28℃以下、湿度が40?60%とされています。この理想的な環境づくりのポイントをいくつかみていきましょう!

@寝る1時間前に部屋の温度を26℃以下に
寝室の温度を快適な温度にするには、少なくとも寝る1時間前から準備が必要です。室内の壁や天井が昼間の太陽の熱で温められているので、熱がこもった状態。まずは26℃以下の設定でしっかりと室内を冷やしてから、寝るタイミングで28℃以下に設定し直すことが重要です。

A風向き設定について
風向きは直接体にあたらないよう、上向きか水平に。冷たい空気は部屋の下へと流れるので、上向きにすると部屋全体に冷気が循環し温度が一定になります。風量は「弱」か「自動」にし、冷えすぎない工夫を。

Bおやすみモードを活用
最近のほとんどのエアコンに付いているスリープモード機能です。室温が下がりすぎないよう、自動で運転する便利なシステム。夜中に起きて自分で調節しなくても、風向きや温度を自動で調節するので朝までぐっすりと眠ることができますよ。

Aエアコン工事後、川崎でのゴキブリ対策は?

室内機と室外機がセットで稼働するエアコン。暑い季節になくてはならない電化製品ですね。川崎でエアコン設置工事後に、エアコン内部からゴキブリが出てくる…ということも実は珍しくありません。今回は、ゴキブリがエアコンに侵入する原因と対策についてまとめました。

エアコンからゴキブリが出てきたら…ゾッとしますよね。気温が高い夏、エアコン使用率が高い時期こそ、この事件が起きているようです。エアコンにゴキブリが侵入する原因は、ドレンホースからの侵入やエアコン内部がゴキブリの巣になっているなど。

ドレンホースはエアコンから出てくる水を排水するもので、室外機から外に出ています。水分が多くジメジメした環境はゴキブリやその他の害虫が好むため、このホースを伝ってエアコン内部に侵入してきます。エアコン内部にはゴキブリの好物であるホコリや水分が多くあるので、ここで巣を作って繁殖します。

ここからは、ゴキブリの侵入を防ぐ対策について。侵入を防ぐ鍵となるのは、エアコン室外機とドレンホース周りの環境の見直しです。以下の4つのポイントをチェックしてみてください。

@ドレンホースの先をカバーする
ゴキブリの侵入口となるドレンホースの先を塞ぐこと。ホームセンターやエアコン取扱店にある「ドレンキャップ」を付ける。自分で簡単に取り付けることができ、ホースのサイズに合わせて選ぶことができます。専用キャップ以外でも、ストッキングをホースの先端に付けることで外部からの侵入を防ぐことも。目詰まりしないよう、定期的な交換もお忘れなく。

Aドレンホースを地面から浮かせる
ホースが地面についた状態はゴキブリが侵入しやすい上に、コケやカビが発生しやすいゴキブリが好む環境です。少し浮かせることで、ゴキブリや地面を這う虫の侵入を防ぐことができます。

B室外機周辺を整える
室外機周辺に不用品が置きっぱなしになっていないか、雑草が伸びていないか?雑草は日光を遮るので、これもゴキブリの好む環境に。まめに雑草を取り除き、刈ったあとは殺虫剤を撒いておくことも効果的です。

Cエアコン本体のお手入れを
フィルターやエアコン周辺のホコリをとるなど、定期的なお手入れをしてゴキブリを寄せ付けない環境づくりもしておきたいですね。

B横浜で取り付けたエアコン、タイマー機能活用で節電も

エアコンにはいろんな機能があります。例えば、さまざまな時間設定ができるタイマー機能もそのひとつ。使いこなせば便利なだけでなく、電気代の節約につながることもあります。今回は、取り付けたエアコンのタイマー機能についてご紹介します。横浜でのエアコンライフをより快適にしませんか?

エアコンには、入タイマーと切タイマーが用意されています。入タイマーは、30分?12時間の範囲で、予約時間にエアコンのオンとオフを設定する機能のこと。切タイマーは、30分?9時間の範囲で、エアコンの電源を切るタイマーのことです。設定した時刻にタイマー予約するタイプのエアコンの場合は、切タイマーと入タイマーを組み合わせて同時に予約することもできます。

エアコンのタイマー機能を使うと、余計な電気代がかかってしまう…と心配の声もありますが、タイマー機能はほとんど電力を使わなくて済むので、電気代を心配するほどでもありません。エアコンは付けたままにしておくと、それだけ長時間電力を使うことになるので、必要なときだけ付けたほうが良いです。短時間の外出の場合、付けたり消したりを繰り返す方が電力を使いますが、1時間以上の外出の場合はエアコンを消す方が電力の節約になります。

就寝時には、「おやすみタイマー」機能がおすすめです。寝る時間に合わせて寝室の温度を快適に設定することができます。朝までエアコンをつけっぱなしにするのが嫌、という人にもおすすめです。この機能はおやすみ運転停止後も、室温が上がると設定温度をひかえめにして自動で再運転するという優れた機能です。

タイマーを設定するとタイマーランプが点灯しますが、ときには点滅する場合も。エアコンにはマイコンと呼ばれるコンピューターが搭載されていて、タイマーランプの点滅はマイコンが誤作動している合図かもしれません。この場合は、エアコンのコンセントを一度抜き、10分ほど待ってからコンセントをつないでみてください。これでエアコンが正常に作動すれば、タイマーランプの点灯はなくなります。それでも点滅する場合は、エアコン本体が故障している可能性があるので、メーカーの修理部へ早めのご相談を。

最後に、タイマー機能を使うにはリモコンの時刻設定を正しくしておくこともお忘れなく!


Cエアコンの中古買取、横浜で注意しておきたいポイントは?

引越しや買い替えなどで不要になったエアコン。ただ処分するだけでは、けっこうな費用がかかります。まだ十分使えるエアコンの場合は、中古買取という選択肢も。横浜のエアコン、中古買取に出す時のポイントをまとめてみました。

まず、不要になったエアコンが買い取ってもらえるかどうかチェックするところから。エアコンの寿命は10年少し、状態がよければ14年くらいもつと言われています。10年を超えるとメーカーの修理パーツがなくなるので、買取の際は10年以内のものが対象に。高額の査定がつくのはさらに短く、製造から5年以内のものということになります。

中古買取の際には型番のチェックが必要で、エアコン本体のどこかに必ず記載されています。型番は、製造年やエアコンの機能がわかる重要な情報です。本体の状態も大事ですが、説明書やリモコン、保証書など付属品の有無も買取査定の基準に。リモコンは特に重要で、機種によっては専用のリモコンでなければ全ての操作ができないこともあります。また、保証書は保証期限が過ぎていてもいつどこで購入したものかの証拠になるので、大事に保管しておく必要があります。

ここからは、買取業者を選ぶポイント3つをご紹介します。
@出張買取してくれ、取り外し料金が安いこと
エアコンは室内機と室外機の両方を取り外す必要があります。できればエアコンの取り外しに慣れたエアコン専門業者であることが望ましいです。地域の業者の中で複数の業者で見積もりをとり、比較してから決めると良いでしょう。

A査定や見積もりが無料であること
査定で見積もりが有料の業者もあるので、ネット等で調べ、見積もりが無料かどうか事前確認が必要です。

B口コミの評判が高いこと
口コミも業者選びの大事なポイントです。実際に利用した人の生の情報が得られるので、ネットの評価サイトなどでチェックしておきましょう。

中古買取の際は、年数や機能の他に見た目や内部のキレイさも重要な要素です。エアコンの年数に関係なく、どのエアコンでも定期的に手入れされていることが求められます。10日に一度くらいのペースで室内機のフィルターを外し、掃除機で内部のホコリを取り除くことや、軽く内部をブラシで磨くなどのお

Cエアコンの中古買取、横浜で注意しておきたいポイントは?

引越しや買い替えなどで不要になったエアコン。ただ処分するだけでは、けっこうな費用がかかります。まだ十分使えるエアコンの場合は、中古買取という選択肢も。横浜のエアコン、中古買取に出す時のポイントをまとめてみました。

まず、不要になったエアコンが買い取ってもらえるかどうかチェックするところから。エアコンの寿命は10年少し、状態がよければ14年くらいもつと言われています。10年を超えるとメーカーの修理パーツがなくなるので、買取の際は10年以内のものが対象に。高額の査定がつくのはさらに短く、製造から5年以内のものということになります。

中古買取の際には型番のチェックが必要で、エアコン本体のどこかに必ず記載されています。型番は、製造年やエアコンの機能がわかる重要な情報です。本体の状態も大事ですが、説明書やリモコン、保証書など付属品の有無も買取査定の基準に。リモコンは特に重要で、機種によっては専用のリモコンでなければ全ての操作ができないこともあります。また、保証書は保証期限が過ぎていてもいつどこで購入したものかの証拠になるので、大事に保管しておく必要があります。

ここからは、買取業者を選ぶポイント3つをご紹介します。
@出張買取してくれ、取り外し料金が安いこと
エアコンは室内機と室外機の両方を取り外す必要があります。できればエアコンの取り外しに慣れたエアコン専門業者であることが望ましいです。地域の業者の中で複数の業者で見積もりをとり、比較してから決めると良いでしょう。

A査定や見積もりが無料であること
査定で見積もりが有料の業者もあるので、ネット等で調べ、見積もりが無料かどうか事前確認が必要です。

B口コミの評判が高いこと
口コミも業者選びの大事なポイントです。実際に利用した人の生の情報が得られるので、ネットの評価サイトなどでチェックしておきましょう。

中古買取の際は、年数や機能の他に見た目や内部のキレイさも重要な要素です。エアコンの年数に関係なく、どのエアコンでも定期的に手入れされていることが求められます。10日に一度くらいのペースで室内機のフィルターを外し、掃除機で内部のホコリを取り除くことや、軽く内部をブラシで磨くなどのお手入れをしておきたいですね。